きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。

ソニー、VR内の様子を見る特許を申請

12月 26th, 2018

https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/422/422588/
(週刊アスキー 2018年11月29日付記事より)

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、VRゴーグルを装着せずに、スマートフォンのようなデバイスでVR世界をのぞき見ることができる技術を開発し、米国で特許出願をしました。

これは使い勝手が良さそうな技術のように思え、ブレイクの予感がします。

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

その他

フラッシュメモリーを発明した舛岡博士に本田賞授与 世界に普及しスマートフォンなど幅広く活用

12月 23rd, 2018

https://news.mynavi.jp/article/20181127-730911/
(マイナビニュース 2018年11月27日付記事より)

USBメモリーに代表される「フラッシュメモリー」を発明した東北大学名誉教授の舛岡富士雄先生に、「2018年本田賞」が授与されました。

その功績は、言わずもがなです。

ノーベル賞に届いて欲しいですね。

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

「ルイ・ヴィトン」がパロディ商品を巡って日本の「ジャンクマニア」に勝訴

12月 19th, 2018

https://www.wwdjapan.com/742657

(WWD JAPAN 2018年11月20日付記事より)

 

「ルイ・ヴィトン」が “リメイク品”を販売する日本の業者「ジャンクマニア」を相手取り、「ジャンクマニア」が「ルイ・ヴィトン」のモノグラムと同一・類似の模様を使用したのは不正競争防止法違反及び商標権侵害に当たるとして、知的財産高等裁判所へ提訴していました。

 

その結果、知的財産高等裁判所は「ルイ・ヴィトン」の主張を認め、「ジャンクマニア」に対し、170万円の損害賠償の支払いと商品の販売差し止めを命じました。

 

先日、写真にある靴と似た靴を履いてる若者を見かけ、「ヴィトンの商品でああいう靴があるんだ。かっこいいなあ。」と思ってしまった私は、まんまと「ジャンクマニア」にしてやられたわけです。

 

従いまして、「ジャンクマニア」が訴訟において主張した「販売しているのはあくまでもパロディ商品で、価格の安さから消費者が『ルイ・ヴィトン』の商品と間違えることはない」との主張は、明らかに失当です!

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

商標

「食べ物の味」は著作権保護の対象になるのか?を争った裁判が決着

12月 15th, 2018

https://gigazine.net/news/20181115-food-taste-copyright/

(Gigazine 2018年11月15日付記事より)]

 

「食べ物の味」が著作物か否かということについて、欧州司法裁判所において争われました。

 

欧州司法裁判所は、

1:そのものがオリジナルの知的創作物であること

2:そのものに十分な正確さと客観性で識別可能な「表現」があること

以上の2つの要件を満たさなければならないと判示しました。

 

著作物について「表現」であることが求められるということをご存知の方でしたら、「なあんだ」と思われるかもしれませんが、実は、「食べ物の味」についての保護を求めるニーズは多く、私自身、よくご相談を受けます。

 

「食べ物の味」について保護を受けたいご相談者からすれば、著作権に限らず、特許でも、商標でも、守られるならなんとかしたいというニーズが根強くあるのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

著作・不正競争

著作権の保護と制限の規定がもうすぐ変わる ~ 保護期間延長、非親告罪化、柔軟な権利制限・・・

12月 12th, 2018

著作権の保護と制限の規定がもうすぐ変わる ~ 保護期間延長、非親告罪化、柔軟な権利制限、教育の情報化対応など、まとめて解説

https://hon.jp/news/1.0/0/14387

(HON.jp News Blog 2018年11月13日付記事より)

 

環太平洋パートナーシップ協定の締結などを理由として、著作権法が改正されます。

 

留意すべき改正としては、「著作権等侵害罪の一部非親告罪化」でしょう。

 

著作権等侵害罪のうち、以下の全ての要件に該当する場合に限り、「非親告罪」とし、著作権等の告訴がなくとも公訴を提起することができることになります。

1. 侵害者が,侵害行為の対価として財産上の利益を得る目的又は有償著作物等(権利者が有償で公衆に提供・提示している著作物等)の販売等により権利者の得ることが見込まれる利益を害する目的を有していること

2. 有償著作物等を「原作のまま」公衆譲渡若しくは公衆送信する侵害行為又はこれらの行為のために有償著作物等を複製する侵害行為であること

3. 有償著作物等の提供又は提示により権利者の得ることが見込まれる「利益が不当に害されることとなる場合」であること

 

「一つでも当て嵌まらなかったらセーフなんでしょ?全部に当て嵌まるって、よっぽどじゃん。」と思われる方もいらっしゃるでしょう。でも、当て嵌まるかどうかの判断をするのは「あなた」ではなく、「検察」や「警察」なのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

著作・不正競争

日本が失った天才、金子勇の光と影

12月 8th, 2018

https://wired.jp/2018/11/10/winny-isamu-kaneko-1/

(WIRED 2018年11月10日付記事より)

 

金子勇氏とは、東京大学に助手(現在の助教)として勤めていたときに、P2Pの先駆けである「Winny」を生み出した方です。

 

「Winny」はファイル共有ツールとしてセンセーショナルを巻き起こしました。しかしその結果、非合法なファイルを共有させるものとして、「著作権法違反幇助」の嫌疑をかけられ、金子勇氏は2004年に京都府警に逮捕されました。

 

その後、無罪判決が確定するまでに7年を要したのですが、無罪確定の2年後に、金子勇氏は心臓の病によって逝去しました。

 

もし、「Winny」が「著作権法違反幇助」であるならば、その典型である「Youtube」もまた「著作権法違反幇助」なのです。

 

タラレバになりますが、金子勇氏が健在であれば、日本のIT業界はもっと盛り上がっていたことは間違いないでしょう。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

著作・不正競争

米ガールスカウトがボーイスカウトを提訴、「名称変更は商標権侵害」

12月 5th, 2018

https://jp.reuters.com/article/scouts-idJPKCN1NC0BT

(REUTERS 2018年11月7日付記事より)

 

ボーイスカウトアメリカ連盟(BSA)が、プログラムから「ボーイ」を削除して「スカウト」とし、女子に対する勧誘キャンペーンを始め、これに対し、ガールスカウトアメリカ連盟(GSUSA)がマンハッタン連邦裁判所へ「商標権侵害」で提訴したそうです。

 

さすがにこれは揉めるでしょう。

 

でも、このままですと、「ガールスカウト」の方も「スカウト」にしちゃって、男子に対する勧誘キャンペーンを始めませんかね?

 

この場合、私でしたら迷わず「元ガールスカウト」への入会を検討しますが、とはいえ、一緒になる道はないのでしょうか?

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

デザイン保護、25年間に延長 特許庁が意匠法改正素案

12月 1st, 2018

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/181106/mca1811060500006-n1.htm

(Sankei Biz 2018年11月6日付記事より)

 

意匠権の存続期間が、現状の「登録から20年」から「登録から25年」へ延長されようとしています。

 

また、これまでの「一意匠一出願制度(「組物という特定の意匠を除き、1の出願には1の意匠しか含められない制度)」も改められ、米国、欧州、中国、韓国(ただし一部)で認められている「多意匠一出願制度」へ舵を切るようです。

 

従来、意匠登録は特許取得と比較して、費用が安価で済み、かつ、権利範囲が広くなる「部分」での登録も可能です。

 

これで間違いなく、今後、物品性のあるものについては、特許取得より意匠登録の方が優先されることでしょう。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

意匠

新旧元号の商標登録不可 政府、来年2月に基準見直しへ

11月 28th, 2018

https://www.sankei.com/politics/news/181105/plt1811050007-n1.html

(engadget 2018年11月5日付記事より)

 

現在の商標登録出願の審査基準(審査のルールブック)では、「現元号」については商標登録を受けられないとしています。

 

これを、「元号全般」に改めるということです。

 

ちなみに、商標「明治」については、「明治ホールディングス株式会社」の他、「明治安田生命保険相互会社」や「株式会社明治ゴム化成」が登録を受けています。

 

また、商標「大正」については、すべての登録が、「大正製薬株式会社」によるものです。

 

さらに、「昭和」については、「昭和産業株式会社」の登録が1件あるだけです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

ZOZOが「ZOZOSHOES」の商標出願、オーダーシューズの開発は大詰めへ

11月 24th, 2018

https://www.fashionsnap.com/article/2018-11-05/zozoshoes-trademark/

(SankeiBiz 2018年11月5日付記事より)

 

「ZOZOSUIT」の次は、「ZOZOSHOES」がリリースされるようです。

 

「ZOZOSHOES」も「ZOZOSUIT」と同様に、無料頒布されるのでしょうね?

 

そうすると、もしかしたら、「ZOZOSUIT」を着て「ZOZOSHOES」を履いた人が街中を闊歩する姿を見かけるようになるかもしれませんね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

ページトップへ