きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 商標 > ブランド品 リメイクに注意! やって良いこと悪いこと

ブランド品 リメイクに注意! やって良いこと悪いこと

11月 30th, 2022

 

https://otekomachi.yomiuri.co.jp/lifestyle/20221031-OYTET50032/
(OTEKOMACHI 2022年11月7日付記事より)

 

ブランド品をリメイクして販売する行為は、中古品販売と異なり、商標権侵害に該当する可能性が高いです。

 

中古品の場合は、中古品が転々流通することで、そのブランドの信用が損なわれることがないですが、リメイク品の場合は、そのブランドの信用が損なわれる場合が多々あるためです。

 

この記事で紹介されている「リーバイス」のリメイク品であるバッグですが、出来が良いかと言えば、正直言ってそうではないですよね。

 

そうやってブランドの信用を損ねるため、商標権侵害となるのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ