きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > その他, 著作・不正競争 > 国内初、AIが書いた脚本を映画化!その魅力と可能性とは

国内初、AIが書いた脚本を映画化!その魅力と可能性とは

6月 22nd, 2022

 

https://www.cinematoday.jp/news/N0130519
(シネマトゥデイ 2022年6月6日付記事より)

 

日本で初めて、AI(人工知能)より生成された脚本を使用した短編映画が上映されたそうです。

 

この記事とは関係ありませんが、最近、AIの学習性についてよく考えます。以下、間違っていたら申し訳ありません。

 

将来はともかくとして、現状の「AI」は、与えられたデータの中で最適化をするのに長けているという理解でいます。

 

この「最適化」には、その範囲での「応用」も含みます。

 

ですが、「創造」という言葉に置き換えられるような「応用」には、至っていないのではないかと思います。

 

それゆえに、例えば将棋や囲碁など、一定の範囲(枠)が設定されている環境下では、AIは優れていると思います。

 

他方、この記事の「映画」もそうですが、例えば「映画」の場合ですと、おそらくヒット作を記憶させて、その中から抽出と組み合わせ、+αの応用により作られるのであり、「創られること」には程遠い気がしています。

 

我々弁理士業界でも、AIを利用したサービスが提供されていますが、同じようなことが言えるように見受けています。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

その他, 著作・不正競争

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ