きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 商標 > 「ゆっくり茶番劇」が商標登録され物議 担当弁理士事務所「皆さまに愛されているとは知らず」

「ゆっくり茶番劇」が商標登録され物議 担当弁理士事務所「皆さまに愛されているとは知らず」

5月 25th, 2022

 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2205/16/news090.html
(ITmedia NEWS 2022年5月16日付記事より)

 

「第41類 インターネットを利用して行う映像の提供」など、第41類を指定した「ゆっくり茶番劇」という商標が登録を受けました。

 

「ゆっくり茶番劇」は、同人サークルである上海アリス幻樂団が展開する「東方Project」の“ゆっくり”シリーズからの派生とのことです。

 

商標権者と思われるYoutuberが、登録商標「ゆっくり茶番劇」の使用について、ライセンスを求める旨をTwitterで声高に表明したことで、物議を醸しています。

 

その火の粉が、代理をした弁理士(特許事務所)にも及び、特許事務所がホームページに「『ゆっくり茶番劇』について」と題する文書を公開し、「皆さまに愛されている商標であることを存じておらず、ご迷惑をおかけ致したこと申し訳ございませんでした」と謝罪するに至りました。

 

個人的には、文書に記載された「見解」の通りだと思いますので、「何も謝らなくてもいいのでは?」というのが正直なところです。

 

でも、もしかしたら、謝らないと収拾の付かない状態になっているのかもしれません。

 

この特許事務所ですが、所長のお父さんも弁理士で、所長である息子さんとご一緒に事務所を経営されているのですが、実は、お父さんには20年来、お世話になっています。

 

お父さんはとても真摯で、かつ、極めて頭脳明晰な方です。この文書が謝罪から始まっていることと、見解の書きぶりからして、作成したのは所長の息子さんではなく、お父さんだと思います。

 

折を見て、お父さんに連絡してお聞きしてみようと思います。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ