きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 商標 > 独立しても仕事が次々舞い込む高杉真宙 関係者は「商標登録問題が深く関係」と指摘

独立しても仕事が次々舞い込む高杉真宙 関係者は「商標登録問題が深く関係」と指摘

4月 23rd, 2022

 

https://www.dailyshincho.jp/article/2022/03211700/?all=1
(デイリー新潮 2022年3月21日付記事より)

 

著名な「芸名」について、以前からプロダクションには商標登録のニーズがありました。

 

その理由は簡単で、「やめるにやめられなく」したいからです。

 

以前の特許庁は、一定の要件を満たした場合でも、登録を認めていなかったのですが、商標審査担当のお偉方(うるさ方)が退任すると、一定の条件下、登録を認めるようになりました。

 

最近では、著名な「芸名」についての商標登録が、プロダクションにより積極的にされていると聞いています。

 

では、プロダクションが著名な「芸名」について商標登録した場合、その著名な「芸名」のアーティストは、そのプロダクションをやめた後、本当にその著名な「芸名」で活動することができなくなるのでしょうか?

 

「加勢大周」事件という裁判例がありますが、この頃は著名な「芸名」についての商標登録が認められていませんでしたので、事案が異なるように思えます。

 

個人的には、 それでも 自己の著名「芸名」を普通に使用する限り、認められるように思います。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ