きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 著作・不正競争 > ケイティ・ペリー、“Dark Horse”の著作権を巡る裁判で勝訴したことを受けて歌詞を変更

ケイティ・ペリー、“Dark Horse”の著作権を巡る裁判で勝訴したことを受けて歌詞を変更

 

https://nme-jp.com/news/113512/
(NME JAPAN 2022年3月14日付記事より)

以前にこのブログでも取り上げましたが、ケイティ・ペリーの2013年のシングル「ダーク・ホース」が自身の楽曲「Joyful Noise」の盗作であるとして、ラッパーのマーカス・グレイが著作権侵害で訴えていました。

 

結果、ケイティが盗作したとされるオスティナート(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%88 )が、著作権で保護されるには単純すぎるとして、ケイティ・ペリー側が勝訴しました。

 

ケイティは、ラスベガスのライブで、「So just be sure before you give it up to me, up to me, give it up to me」と歌うところを、「So just be sure before you take me to court, ’cause I’m a scorpio, bitch!(私を訴えるなら確信をもってやんなよ、だって私は蠍座だから、ビッチ!)」と歌ったようです(https://twitter.com/WDrxms/status/1502705160941969418?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1502705160941969418%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fnme-jp.com%2Fnews%2F113512%2F)。

 

よほど嬉しかったのですね。

 

また、裁判中、「ダーク・ホース」を流す予定だったのが、スピーカーが故障して流せなかったところ、ケイティ本人が歌を披露すると申し出たそうで、その場が和んだそうです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ