きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 商標, 著作・不正競争 > デジタルの“バーキン”は模倣かNFTアートか 「エルメス」がクリエイターを提訴

デジタルの“バーキン”は模倣かNFTアートか 「エルメス」がクリエイターを提訴

2月 16th, 2022

 

https://www.wwdjapan.com/articles/1310048
(WWD Japan 2022年1月19日付記事より)

 

「エルメス(HERMES)」は、メゾンを象徴するバッグである“バーキン(Birkin)”をデジタル上で模した“メタバーキンズ(MetaBirkins)”を製作・販売したメイソン・ロスチャイルド(Mason Rothschild)氏に対し、商標権侵害などを理由にニューヨーク州連邦裁判所に提訴しました。

 

ロスチャイルド?というのはさておき、メイソン・ロスチャイルド氏は、「私は偽物のバーキンを作っているわけでも販売しているわけでもなく、ファーで覆われた想像上のバーキンを描いたアート作品を作ったにすぎない。」と主張しているようです。

 

でも、「バーキン」という信用あるブランドにフリーライドしているからこそ、こういうことになっているのであり、それならば「ファーで覆われた“バッグ”を描いたアート作品」で良かったのではないでしょうか?

 

それに、商標について米国は「使用主義」を尊重しており、登録商標に基づく商標権のみならず、コモンローに基づく商標権が認められますので、この主張は通らないのではないかと思います。

 

いずれにしても、「フリーライド」すなわち「信用タダ乗り」はダメですよ。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標, 著作・不正競争

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ