きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 商標 > アントニオ猪木が「2千万円を返せ」と訴えられていた 「元気ですか」などの商標権が差し押さえに

アントニオ猪木が「2千万円を返せ」と訴えられていた 「元気ですか」などの商標権が差し押さえに

11月 27th, 2021

 

https://www.dailyshincho.jp/article/2021/11071056/?all=1&page=2
(デイリー新潮 2021年11月7日付記事より)

 

心アミロイドーシスという難病に罹患し、闘病中のアントニオ猪木氏ですが、アントニオ猪木氏の商標権がマネージメント会社ごと差し押さえられたと、週刊新潮が報じています。

 

事の発端は、アントニオ猪木氏が懇意にしていた、大阪の浄水器製造販売会社OSGコーポレーションの湯川剛代表取締役会長から、新日本プロレスの株を買い戻すために2,000万円を借用していたことだそうで、遅延損害金を含めた3,500万円を返済できず、そこで湯川氏側が、アントニオ猪木氏のマネージメント会社である「コーラルゼット株式会社」の株を差し押さえたということです。

 

記事では、「狙いは同社が管理する商標権にある」と書かれていますが、実際、コーラルゼット社は96の商標権を有していて、「アントニオ猪木(ロゴ)」の他、「燃える闘魂」や「イノキイズム」、「アントン」、「ボンバイエ」、「1・2・3・ダァーッ」、「闘魂祭り」など、容易にアントニオ猪木氏を想起させる登録商標がずらりと並んでいます。

 

これら商標権は、アントニオ猪木氏あっての商標権ですから、肖像権と相まってこそ価値があるのではないかと思います。

 

双方に良い方向で活用されることを願っています。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ