きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 特許・実用新案 > アットホームラボ、集合住宅の「名寄せ」をAIで–特許を取得

アットホームラボ、集合住宅の「名寄せ」をAIで–特許を取得

9月 29th, 2021

 

https://japan.cnet.com/article/35176047/
(CNET Japan 2021年9月1日付記事より)

 

不動産情報サービスのアットホーム(株)グループのアットホームラボ(株)は、AIを活用した「集合住宅名寄せプログラム」に関する特許を取得したとのことです。

 

同一の物件情報が複数の不動産会社から登録・公開される際、建物名や数字の表記ゆれが発生し、従来のプログラムでは別の建物だとみなされてしまうことがありますが、こうした物件を同一建物として整理することを「名寄せ」といいます。

 

例えば、「渋谷マンション」、「SHIBUYAマンション」、「シブヤマンション」などの表記ゆれがある場合でも、これらを同一物件として名寄せすることができる他、「新橋ハイツA」「新橋ハイツB」など、共通文字数が多い文字列でも異なる建物だと判定することができるとのことです。

 

これまでは、一定のルールに基づいて機械や人間の目視確認で名寄せを行なってきましたが、このプログラムでは、人と同程度の処理をAIが実行することができるとのことです。

 

「名寄せ」って、大変な作業なんですね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ