きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 著作・不正競争 > 2時間の映画を10分で紹介 「ファスト映画」累計被害額は950億円超、業界が法的措置へ

2時間の映画を10分で紹介 「ファスト映画」累計被害額は950億円超、業界が法的措置へ

7月 24th, 2021

 

確認されているチャンネルだけで、累計再生回数は4億7700万回超とも。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2106/21/news112.html
(ねとらぼ 2021年6月22日付記事より)

 

動画配信サービスなどでの“倍速視聴”が浸透している中、映画のあらすじをまとめた「ファスト映画」が人気を集めていますが、これが大きな問題となっています。

 

映画のあらすじのまとめ方にもよりますが、“倍速視聴”できるようなまとめ方ですと、著作権侵害(翻案権・公衆送信権侵害)と著作者人格権侵害(同一性保持権侵害)が成立することでしょう。

 

どうやら、広告収入目的でされているようですが、これはれっきとした“犯罪”なのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ