きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > その他 > 突然話題になったデジタル資産「NFT」とは何か — 暗号資産との違いや注意点は

突然話題になったデジタル資産「NFT」とは何か — 暗号資産との違いや注意点は

4月 24th, 2021

 

https://japan.cnet.com/article/35168406/
(CNET Japan 2021年3月27日付記事より)

 

NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)が騒がれていますが、どうなのでしょうね?

 

実のところ、インターネット上に存在するものは、ほとんどNFTになり得るでしょう。美術品やコレクターズアイテムの世界と同じですから。

 

美術品やコレクターズアイテムと異なるのは、「偽造不可な鑑定書、かつ、所有証明書付きのデジタルデータ」という点です。ただし、コピーは可能です。

 

著作権などの知的財産権がついてくるわけでもありません。

 

WIREDのUS版シニアライターであるケイト・ニブス氏は、「大切なことは、そのNFTには買う価値があるのだと、誰かが信じることだけである。」とおっしゃっています。

 

理解が不十分な私がいうのもなんですが、取引にEthereum(イーサリアム)のブロックチェーンが使用されていることから、仮想通貨への投資の荒削り版といったところでしょうか?

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

その他

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ