きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > その他 > 武田薬品工業は、なぜ、売上高の3年分以上の現金を払って、外国の製薬会社を買収したのか?

武田薬品工業は、なぜ、売上高の3年分以上の現金を払って、外国の製薬会社を買収したのか?

1月 30th, 2021

 

https://diamond.jp/articles/-/257499
(DIAMOND online 2020年12月18日付記事より)

 

公認会計士・税理士の先生による解説ですので、新鮮で面白いです。

 

ですが、理由は至ってシンプルです。

 

武田薬品工業がシャイアーを買収したのは、「メガファーマになれるから」です。

 

それでも、これだけの投資にもかかわらず、当時、ギリギリでメガファーマになれるかどうかでした。

 

現にメガファーマですが、武田薬品の売上高は、それでも首位のロシュの売上高の半分です。
https://answers.ten-navi.com/pharmanews/18365/

 

メガファーマの面々を見てください。

 

いずれも新型コロナウイルスワクチンで音頭を取っている企業ですね。

 

メガファーマになるということは、そういうことなのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

その他

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ