きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 商標 > ドワンゴが「投げ銭」を商標登録 「用語の使用を独占する意図はない」

ドワンゴが「投げ銭」を商標登録 「用語の使用を独占する意図はない」

9月 12th, 2020

 

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2008/06/news143.html
(ねとらぼ 2020年8月6日付記事より)

 

ドワンゴは商標「投げ銭」について登録を受けたと発表しました。「悪意のある第三者が『投げ銭』の使用を制限しないようにするのが目的で、使用料などを請求する考えはない」とのことです。

 

指定区分は第9類、第38類、第41類、第42類ですので、いわゆるIT関連について、商品・役務ともにバッチリ登録を受けています。

 

「使用料などを請求する考えはない」とのことですが、でも、「投げ銭」って、IT関連ではかなり使用されていますよね?

 

同業他社にとっては脅威の映るのではないでしょうか?

 

ただ、ドワンゴがあの電通(商標「アマビエ」出願事件)の騒動のようにならなかったのは、自らTwitter等で発表したからなのかもしれません。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ