きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 特許・実用新案 > ホンダ、知財のオープン化を推進…内田洋行と抗ウイルス生地の椅子を商品化

ホンダ、知財のオープン化を推進…内田洋行と抗ウイルス生地の椅子を商品化

8月 29th, 2020

 

https://response.jp/article/2020/07/30/337024.html
(Response.20th 2020年7月30日付記事より)

 

本田技研工業(ホンダ)と内田洋行は、ホンダの軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」及び「N-WGN(エヌワゴン)」のシートに採用している「アレルクリーンプラス」生地を使ったオフィスチェア・ミーティングチェアを内田洋行から発売すると発表しました。

 

「アレルクリーンプラス」は、ホンダが独自開発した、抗ウイルス・抗アレルゲンの機能を持つ生地とのことです。

 

こういうイノベーションが起きるコラボというのは、エコなうえに有効ですので、とてもいいことですね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ