きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 商標 > 中国から「アイヌ」商標出願、法的に問題ないの?

中国から「アイヌ」商標出願、法的に問題ないの?

6月 24th, 2020

 

https://www.bengo4.com/c_18/n_11308/
(弁護士ドットコムニュース 2020年6月6日付記事より)

 

既に、業界団体を含め、いくつかの問い合わせを受けている、欧文字「AINU」についての商標登録出願についてです。

 

コメントを寄せている岩永利彦弁護士は、ご自身としては不快に感じられているものの、「通常とおりの忖度なしであれば、十分、登録可能であると考えます。」とのことです。

 

実際、「インディアン」や「アボリジニー」などの語についての登録実績がありますので、そのような意見もあるのでしょう。

 

私自身は、査定時において自他商品等の識別力を獲得することができないと考え、登録性はないと考えています(商標法3条1項6号)。

 

「査定時において」というのが重要だと思っています。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ