きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 特許・実用新案 > さらば「キャス9」 日本独自のゲノム編集技術「キャス3」とは何か

さらば「キャス9」 日本独自のゲノム編集技術「キャス3」とは何か

6月 10th, 2020

 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72567
(講談社ブルーバックス 2020年5月28日付記事より)

 

「遺伝子組み換え」とはすでに過去の技術でして、今は「遺伝子編集(ゲノム編集)」です。

 

ゲノム編集の有名なツールとして、米国で開発された「CRISPR-Cas9(クリスパー・キャスナイン)」がありますが、当初、ゲノム編集を行うには、CRISPR-Cas「9」を使うしかないのではないかと考えられており、高額になろうと容易に推測される「特許料」が懸念されていました。

 

そんな中、東京大学・真下知士教授らのグループが新たに開発された「CRISPR-Cas3」は、ノーベル賞ものといわれたCRISPR-Cas「9」をしのぐゲノム編集ツールです。

 

記事では、真下知士教授が、CRISPR-Cas「3」について、とてもわかりやすく解説されています。

 

CRISPR-Cas「3」に、大いに期待しましょう。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ