きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 特許・実用新案 > 特許庁が特許文献検索システムに関する特許権を取得しました

特許庁が特許文献検索システムに関する特許権を取得しました

5月 16th, 2020

 

https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200511001/20200511001.html
(経済産業省 2020年5月11日付記事より)

 

特許庁は、「アドパス(ADPAS)」と称する、特許文献検索システムやそのための管理システムを開発し、これに関する技術について特許権を取得したとのことです。

 

また、商標「アドパス」及び「ADPAS」について、商標登録も受ける予定のようです。

 

てっきり、特許庁の方で出願書類を作成しているのだとばかり思い、J-PlatPatで確認してみましたら、特許事務所へアウトソーシングされていました。つまり、企業等がされるのと同じように、特許事務所へ普通に依頼していました。

 

特許庁で出願書類を作成して、特許庁で審査するというのは、マズイことなのでしょうか?

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ