きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 商標 > 「コロナウイルス」商標出願 無関係とみられるが…社長「将来的な使用を計画」

「コロナウイルス」商標出願 無関係とみられるが…社長「将来的な使用を計画」

4月 25th, 2020

 

https://www.j-cast.com/2020/03/27383135.html?p=all
(J-CASTニュース 2020年3月27日付記事より)

 

元弁理士の上田育弘氏が、現在、商標「CORONA」及び「CORONAVIRUS」について出願をしています。

 

出願料を納付していませんので、手続補正指令が発せられておりますが、上田育弘氏がこのような出願を多数行ったために、商標審査に大幅な遅延が生じています。

 

武漢風邪収束後を見据えて、あるいは、現状のピンチをチャンスにしてしまおうという趣旨の商標登録出願が、勝負を賭けた経営者によって、今まさになされています。

 

上田育弘氏のこのような行為、いい加減にやめて欲しいものです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ