きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > その他 > 農畜産物の「遺伝資源」イチゴ、和牛の流出防げ 拡散を監視、「鎖国」管理も

農畜産物の「遺伝資源」イチゴ、和牛の流出防げ 拡散を監視、「鎖国」管理も

 

https://www.sankei.com/region/news/200129/rgn2001290020-n1.html
(産経新聞 2020年1月29日付記事より)

 

和牛遺伝子資源の保護については、この1年、日本弁理士会の担当として対応しました。

 

結論は、

・家畜改良増殖法の改正
・新法(家畜遺伝資源の不正競争の防止に関する法案(仮称))の制定

により、「権原なき流出の防止」を図ることになりました。

 

極めて迅速に新法の制定が決まったことは、農林水産省畜産振興課のお手柄だと思いますし、これに協力することができた日本弁理士会にとっても、大変有意義な結果だと思います。

 

しかしながら、「和牛遺伝子資源そのもの」を保護する内容ではありませんので、「権原なき流出の防止」対応だけでは、いつかは限界が来ると思います。

 

そのため、将来的には、「和牛遺伝子資源そのもの」を保護するための法整備が必要であると考え、先週、農林水産省畜産振興課を訪問し、その旨をお伝えしました。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

その他

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ