きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 著作・不正競争 > 「完全な『パクリ』レポート」を作成せよ-大阪市大の課題、その狙い 常識や先入観を逆手に

「完全な『パクリ』レポート」を作成せよ-大阪市大の課題、その狙い 常識や先入観を逆手に

3月 18th, 2015

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/16/news096.html
(ITmediaニュース 2015年2月16日付記事より)

 

「パクリ」、すなわち「コピペ」のみで

完全なレポートを作成するようにとの課題が、

大阪市立大で出題されました。

 

学生からは、

「自分と違った意見がこれだけあることがわかった。」

という意見や、

「文章を切り刻むことに罪悪感を覚えた。」

という意見があったということですが、

こういう課題って、大学で出題されるべきものでしょうかね?

 

こんな風に思ってしまうということは、

年を取ったという証拠でしょうか?

著作・不正競争

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ