きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 特許・実用新案 > 「宿泊者がサイコパスかどうか」を予約前にチェックする仕組みを民泊サイトのAirbnbが開発

「宿泊者がサイコパスかどうか」を予約前にチェックする仕組みを民泊サイトのAirbnbが開発

2月 15th, 2020

 

https://gigazine.net/news/20200108-airbnb-ai-psychopath/
(GIGAZINE 2020年1月8日付記事より)

 

旅行予約サイトのAirbnbが、ユーザーの「信頼性と適合性」及び「行動と性格特性」をインターネットの活動から予測するソフトウェアに関する特許出願を行っていたとのことです。

 

その手段方法ですが、ソーシャルメディアをはじめとしたウェブサイトをスキャンし、信用情報やアイデンティティチェックなどの「セキュアなサードパーティーによるデータベース」から、ユーザーの良心・オープンさを確認して、神経症・犯罪履歴・ナルシズム・マキャヴェリズム・サイコパシーといった「信頼できない」とされる傾向がないかを確認するというものだそうです。

 

また、偽のソーシャルネットワークのプロフィールを発見すると、評価が下がるそうです。

 

旅行へ行くにも、気軽に書き込みやつぶやきができなくなってきている模様です。。。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ