きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 特許・実用新案 > AIを発明者とする特許出願、欧州特許庁が認めず

AIを発明者とする特許出願、欧州特許庁が認めず

2月 12th, 2020

 

https://japan.cnet.com/article/35147613/
(CNET JAPAN 2020年1月6日付記事より)

 

欧州特許庁(EPO)は、人工知能(AI)を発明者とする2件の特許出願を却下したそうです。

 

欧州特許条約によれば、「欧州特許を受ける権利は、発明者またはその権利承継人に属する。(条約第60条)」とされています。

 

もし、本当に「却下」であれば、それら特許出願が「形式的要件」を満たしていないことを意味しますので、欧州特許条約第60条にいう「発明者」は、日本と同様、「自然人」あり得ないと解釈されていることになるでしょう。

 

まあ、そもそも、「人工知能(AI)」=「者」と捉えることができるとするのは、不自然ですよね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ