きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 著作・不正競争 > 現場では“おっかなびっくり!?” 美術館での「撮影OK」日本で広がる

現場では“おっかなびっくり!?” 美術館での「撮影OK」日本で広がる

12月 25th, 2019

 

http://www.sankeibiz.jp/econome/news/191123/ece1911230902001-n1.htm
(SankeiBiz 2019年11月23日付記事より)

 

これまで、日本の美術館において写真撮影が許可されなかった大きな理由として、「著作権」、「会場運営」、「作品保全」の3点が挙げられるそうです。

 

「著作権」が存続している場合は、もちろん撮影禁止ですが、たとえ「著作権」が存続期間満了であった場合でも、「会場運営」や「作品保全」の観点から、撮影が許されない場合があるということです。

 

もちろん、撮影可能な美術館が増えて欲しいとは思いますが、「作品へのリスペクト」を忘れないという観点や、エチケットを守るという観点では、個人的には、撮影が許可されない場面があっても良いように思います。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ