きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 特許・実用新案 > パナソニック、富士通、三菱電機の3社、特許調査業務の効率化を実現するAI検索機能を共同開発

パナソニック、富士通、三菱電機の3社、特許調査業務の効率化を実現するAI検索機能を共同開発

12月 11th, 2019

 

https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1216220.html
(クラウドWatch 2019年11月1日付記事より)

 

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社(以下、パナソニック)、富士通株式会社、三菱電機株式会社の3社は、AIを活用した高精度な検索結果を抽出する新しい機能を共同で開発したと発表しました。

 

個人的には大歓迎です。

 

第一に、特許先行調査システムとして、特許庁のJ-PlatPat(富士通)とNRI野村総研のシステムくらいしかなかったからです。

 

第二に、これが重要ですが、「思いついた文章を入力するだけでOK」とのことだからです。

 

今ある知的財産関連の検索システムは、それがAIを利用したものでも、結局は、「入力する者のスキル」で検索結果が左右されます。

 

特許先行調査に関するシステムは、いわずもがなですが、商標先行調査に関するシステムも同じです。

 

例えば、「Toreru商標検索」は、すごく良くできたシステムだと思っていますが、それでも、「これこれこういうビジネスをするためにこういう商標を登録したい」などといった文章を入力して検索するシステムではありませんから、現状はまだまだ、入力側に委ねられるところが大きいと思っています。

 

とはいえ、いよいよ、「入力側に委ねられない」時代、「AIがコンサルする」時代がやってきそうです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ