きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 著作・不正競争 > 小田和正や松任谷由実が提供した「校歌」にも使用料が? JASRACの“著作権事情”

小田和正や松任谷由実が提供した「校歌」にも使用料が? JASRACの“著作権事情”

11月 27th, 2019

 

https://www.jprime.jp/articles/-/16306
(週刊女性PRIME 2019年10月18日付記事より)

 

JASRACに著作権を預けている歌詞や楽曲については、たとえそれらが「校歌」であっても、使用の態様によっては「著作権利用料」が掛かります。

 

ですが、「校歌」の場合、通常は、その作詞家や作曲家の了解を得て、無償になっています。

 

でも、そうではない「校歌」もあるんですね。

 

それにしても、小田和正(横浜創学館高等学校)、松任谷由実(長崎県立奈留高等学校)、藤巻亮太(山梨県立笛吹高等学校)、布袋寅泰(栃木県立宇都宮工業高等学校)など、有名どころの作詞、作曲による「校歌」ってあるんですね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ