きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 商標 > ヤフーが広告用語で“大量の商標出願”「先取りを防ぐため」「独占の意図はない」と説明

ヤフーが広告用語で“大量の商標出願”「先取りを防ぐため」「独占の意図はない」と説明

 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/08/news119.html
(ITmedia NEWS 2019年7月8日付記事より)

 

ヤフー(Yahoo!)がネット広告業界で広く使われている用語について、相次いで商標登録出願をしている件、ヤフー(Yahoo!)が見解を発表しました。

「業界全体に影響する商標は、特許庁の審査によって、識別力がない、一般的な名称であると確定すれば、先取りを目的とした一部の企業や個人も権利化できないことになりますし、もし一般的な名称ではないと判断されて登録となっても、ヤフーはそれらの商標を独占する意図はありません。業界において広く使っていただけるようにしたいと考えています。」

とのことです。

とはいえ、商標権は立派な独占排他権です。安易な解釈は禁物だと思います。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ