きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 著作・不正競争 > 「JASRAC職員、音楽教室に潜入調査」報道 証拠になる?合法性は?有識者の見解を聞く

「JASRAC職員、音楽教室に潜入調査」報道 証拠になる?合法性は?有識者の見解を聞く

7月 31st, 2019

 

https://www.j-cast.com/2019/07/08362099.html?p=all
(J-CASTニュース 2019年7月8日付記事より)

 

感情的、心情的な面はさておき、JASRACが著作権料の徴収機関であることを踏まえれば、受託しているアーティストに報いるための行為として、正当な行為であるということになるでしょう。

このようなJASRACのやり方に賛同できないアーティストは、JASRACに委託しなければいいわけですから。

ただ、感情的、心情的な面からは、なかなか世論の同意は得られにくいのではないかと思います。

その原因として思い当たるのが、著作権料徴収への取り組みについてJASRACが強化したのは、ここ数年のことであるということです。

JASRACが今後もこういう態度で臨むのであれば、「実績」を積まない限り、世論の同意はなかなか得られにくいでしょう。

 

きらめき国際特許事務所
#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ