きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 商標 > 中国のストリートウエア「MLGB」、ブランド名が社会秩序を乱すとして商標取り消し

中国のストリートウエア「MLGB」、ブランド名が社会秩序を乱すとして商標取り消し

https://www.wwdjapan.com/822590

(WWD JAPAN 2019年3月6日付記事より)

 

中国の俳優リー・チェン(Li Chen)と台湾の歌手ウィルバー・パン(Wilber Pan)が設立したブランド「MLGB」の登録商標が、中国の知的財産権専門の裁判所である北京知識産権法院によって取り消されました。

 

その理由は、「『MLGB』は「中国語の卑語の略語」であるから、公序良俗違反である(社会秩序を乱す)」とのことです。

 

「中国語の卑語の略語」ということですが、どのような語の略語なのでしょうか?

 

以降、「卑語」が登場しますので、不快に思われる方はご遠慮ください。

 

 

 

 

 

  

 

 

その「卑語」とは、「妈剌个屄」です。中国語の方言でして、その意味は、「あなたのお母さんの生殖器」という意味です。

 

そして、その略語が「MLGB」であるということです。

 

ここで不思議なのは、「MLGB」といえば、「あなたのお母さんの生殖器」を想起させるくらい、中国において「MLGB」との語が「あなたのお母さんの生殖器」という「卑語」を意味する語として「日常」使用されているのかということです。

 

そうでなければ、公序良俗違反で商標登録が取消されたりしませんよね。

 

でも、審査官はこれに気付かずに登録を許可したわけですよね。

 

日本人には理解できない領域なのかもしれません。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

商標

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ