きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 著作・不正競争 > 任天堂の「マリオ」が中国共産党の宣伝キャラクターに? ネットで「無断使用では」と指摘相次ぐ

任天堂の「マリオ」が中国共産党の宣伝キャラクターに? ネットで「無断使用では」と指摘相次ぐ

2月 16th, 2019

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1902/01/news111.html

(ねとらぼ 2019年2月1日付記事より)

 

中国の司法を担う中国共産党中央政法委員会(中国司法当局)が、スーパーマリオを無断使用した疑いです。

 

現在、動画は削除されていますので、もはや確信犯ですね。

 

何とも皮肉なのは、途中、マリオ(らしきキャラクター)が、中国語で「知的産権(知的財産権)」と書かれているコインをGETしていることです。

 

FNNのニュースが分かりやすいので、宜しければご覧ください。 https://www.fnn.jp/posts/00411073CX https://www.fnn.jp/posts/00411117CX

 

くれぐれも、やっているのはお馴染みの「中国民間企業」ではないですからね。「中国司法当局」なのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

著作・不正競争

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ