きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 著作・不正競争 > 日本が失った天才、金子勇の光と影

日本が失った天才、金子勇の光と影

12月 8th, 2018

https://wired.jp/2018/11/10/winny-isamu-kaneko-1/

(WIRED 2018年11月10日付記事より)

 

金子勇氏とは、東京大学に助手(現在の助教)として勤めていたときに、P2Pの先駆けである「Winny」を生み出した方です。

 

「Winny」はファイル共有ツールとしてセンセーショナルを巻き起こしました。しかしその結果、非合法なファイルを共有させるものとして、「著作権法違反幇助」の嫌疑をかけられ、金子勇氏は2004年に京都府警に逮捕されました。

 

その後、無罪判決が確定するまでに7年を要したのですが、無罪確定の2年後に、金子勇氏は心臓の病によって逝去しました。

 

もし、「Winny」が「著作権法違反幇助」であるならば、その典型である「Youtube」もまた「著作権法違反幇助」なのです。

 

タラレバになりますが、金子勇氏が健在であれば、日本のIT業界はもっと盛り上がっていたことは間違いないでしょう。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

著作・不正競争

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ