きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 意匠 > デザイン保護、25年間に延長 特許庁が意匠法改正素案

デザイン保護、25年間に延長 特許庁が意匠法改正素案

12月 1st, 2018

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/181106/mca1811060500006-n1.htm

(Sankei Biz 2018年11月6日付記事より)

 

意匠権の存続期間が、現状の「登録から20年」から「登録から25年」へ延長されようとしています。

 

また、これまでの「一意匠一出願制度(「組物という特定の意匠を除き、1の出願には1の意匠しか含められない制度)」も改められ、米国、欧州、中国、韓国(ただし一部)で認められている「多意匠一出願制度」へ舵を切るようです。

 

従来、意匠登録は特許取得と比較して、費用が安価で済み、かつ、権利範囲が広くなる「部分」での登録も可能です。

 

これで間違いなく、今後、物品性のあるものについては、特許取得より意匠登録の方が優先されることでしょう。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

意匠

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ