きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 著作・不正競争 > 著作権保護期間はホントに70年になる?

著作権保護期間はホントに70年になる?

7月 21st, 2018

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/09/news093.html

(ITmedia NEWS 2018年7月9日付記事より)

 

米国や欧州には、音楽、映画、出版に関する大手企業が存在しています。

 

それら企業にとって、著作権の保護期間が長ければ長くなるほど、有利になります。

 

ですから、それら企業は、ロビー活動等を通じて政府に著作権の保護期間を延長するよう働きかけ、実際に保護期間が延長されることになります。

 

日本は、近い将来、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)か二国間協定(FTA)のいずれかの自由貿易協定を締結することになりますが、その際、著作権の保護期間の長い方を適用することになるわけですから、日本においても同様に著作権の保護期間が延長されることになるということなのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ