きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 著作・不正競争 > 同人ノリを役所がやるのは・・・

同人ノリを役所がやるのは・・・

7月 18th, 2018

『ベルサイユのばら』のパロディで、謝っても折れない札幌市はどこで間違えた?

http://www.cyzo.com/2018/07/post_169417_entry.html

(日刊サイゾー 2018年7月13日付記事より)

 

札幌市が発行する「広報さっぽろ」のこの事件、ご存知の方は多いと思いますが、この事件の凄いのは、札幌市が謝罪後もなお、徹底して著作権侵害を否定している点です。

 

著作権侵害が成立する要件は、1.同一・類似であること、と、2.依拠(真似)していること、の2点です。

 

1.について、否定する方がおかしいと思います。

 

2.について、登場人物が「マナー・シラントワネット」に「オシカル」です。こちらも否定する方がおかしいと思います。

 

言わずもがなということになると思うのですが、極めつけは、この記事が「マナー」を問いただす記事だったということで、本当に情けないと思います。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ