きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 商標 > 広瀬香美「芸名使用禁止」という“制裁”に何の意味があるのだろうか

広瀬香美「芸名使用禁止」という“制裁”に何の意味があるのだろうか

6月 23rd, 2018

http://www.jprime.jp/articles/-/12512

(週刊女性PRIME 2018年6月1日付記事より)

 

独立騒動の影響で、旧所属事務所が芸名を使用させないということが、少なからず起きています。

 

この「広瀬香美」の件もそうですが、記憶に新しいのは「能年玲奈」の件、アラフィフなら誰でも知っている「加勢大周」と「新加勢大周(坂本一生)」などです。

 

「能年玲奈」に至っては、実名です。

 

以前は、芸名についての商標登録が困難でしたので、しかるべき契約を締結すべきということだったと思いますが、最近は芸名についての商標登録が可能ですので、商標登録による線引きが一番分かりやすいように思えます。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ