きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。
Home > 著作・不正競争 > “金魚電話ボックス”撤去へ 商店街の象徴がなぜ?

“金魚電話ボックス”撤去へ 商店街の象徴がなぜ?

4月 14th, 2018

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000124388.html

(テレ朝news 2018年4月4日付記事より)

 

著作権は、特許権や意匠権などと違って、何ら手続を必要とせずに発生します(無方式主義の採用)。

 

ですから、特許庁へ申請して付与される権利である、特許権や意匠権のように、「抵触していればアウト」ということにはなりません。

 

著作権の場合、「依拠していること」、つまり「真似をしたこと」が要件となります。

 

この「金魚電話ボックス」が、福島県の芸術家の作品を真似たものではないなら、堂々と設置し続ければいいと思うのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.
ページトップへ