きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。

‘著作・不正競争’

アーティストの印税に“投資”する:日本でも始まる「ロイヤリティー取引」が音楽業界にもたらすもの

7月 28th, 2021

 

https://wired.jp/2021/06/27/royaltybank-anote-music/
(WIRED 2021年6月27日付記事より)

 

アーティストの収入である“印税”が、日本でも投資対象になるようです。

 

歌詞や楽曲の著作権が対象になるのでしょうから、その著作権が証券化され、細分化されて販売されるという形がオーソドックスとなるのではないでしょうか。

 

そうなりますと、“歌手”の場合は、実演家の権利が投資対象とされない限り、対象とならないでしょう。

 

そして、投資対象とされやすいのは、シンガーソングライターが作詞・作曲した歌詞と楽曲でしょう。投資する側にとって、評価しやすいからです。

 

これを機に、ますます、シンガーソングライターと歌手の収入の格差が広がるように思えてなりません。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

2時間の映画を10分で紹介 「ファスト映画」累計被害額は950億円超、業界が法的措置へ

7月 24th, 2021

 

確認されているチャンネルだけで、累計再生回数は4億7700万回超とも。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2106/21/news112.html
(ねとらぼ 2021年6月22日付記事より)

 

動画配信サービスなどでの“倍速視聴”が浸透している中、映画のあらすじをまとめた「ファスト映画」が人気を集めていますが、これが大きな問題となっています。

 

映画のあらすじのまとめ方にもよりますが、“倍速視聴”できるようなまとめ方ですと、著作権侵害(翻案権・公衆送信権侵害)と著作者人格権侵害(同一性保持権侵害)が成立することでしょう。

 

どうやら、広告収入目的でされているようですが、これはれっきとした“犯罪”なのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

オリオンのパロディー「食べルンです」本家からの反応は?

7月 14th, 2021

 

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/290327
(日刊ゲンダイ DIGITAL 2021年6月14日付記事より)

 

オリオン株式会社は、大阪の淀川の支流であります神崎川のほとりにある菓子メーカーです。

 

使用ライセンスを得たキャラクターものの菓子の他、なかなか思い切ったパロディーものの菓子を製造販売しています。

 

記事にある「食ベルンですHi」の他にも、

・受かルンですHi
https://orionstar.co.jp/archives/products/%e5%8f%97%e3%81%8b%e3%82%8b%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%99%ef%bd%88%ef%bd%89

・お菓子屋さんの牛乳パック コーヒー味
https://orionstar.co.jp/archives/products/%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%e5%b1%8b%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%af-%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e5%91%b3

・お菓子屋さんの牛乳パック ミルク味
https://orionstar.co.jp/archives/products/%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%e5%b1%8b%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e7%89%9b%e4%b9%b3%e3%83%91%e3%83%83%e3%82%af-%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af%e5%91%b3

などがあります。

 

ややもすると、不正競争防止法違反で訴えられそうなパッケージですが、その点は「駄菓子」ということもあり、パロディされている方としては「イメージが毀損されない」と判断しているのでしょう。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」・・・

6月 30th, 2021

 

「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

具体的にどのような法的問題があるかもまとめました。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2106/04/news160.html
(ねとらぼ 2021年6月8日付記事より)

 

幻冬舎ルネッサンス新社から4月に出版された、宮下崇『連続起業家のTHEORY』の中で紹介されている、著者の宮下崇氏が高校時代に行なっていたビジネスが物議を醸しています。

 

問題となっているビジネスとは、

・P2Pソフトで人気アーティストの新譜をダウンロードし、CD-Rに焼き、ラベル印刷をし、歌詞カードも作り、ネットオークションで販売した
・P2Pソフトで集めた曲をiPodに入れ、J-POPや洋楽、アニソンなどが最初から入った「1万曲入りiPod」をネットオークションで販売した

という内容です。

 

小・中・高生から、少なくとも、著作権侵害についてくらいの知的財産教育は必要だなと感じたとともに、こういうことを『THEORY』と称して悪びれることなく紹介している起業家が、なんだか哀れに思ってしまいます。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

漫画村元運営者に実刑判決「著作物の収益構造破壊」

6月 26th, 2021

 

https://www.sankeibiz.jp/business/news/210602/bsm2106021751016-n1.htm
(SankeiBiz 2021年6月2日付記事より)

 

既にご存知の方は多くいらっしゃると思いますが、人気漫画をインターネット上に無断で公開した海賊版サイト「漫画村」(閉鎖)の著作権法違反事件で、星野路実被告に実刑判決が下されました。

 

懲役3年、罰金1000万円、追徴金約6200万円とのことです。

 

ただ、漫画の海賊版サイトは、これでシャットアウトできたかといえば、そうではありません。

 

未だに、「漫画村」に代わる海賊版サイト、それも結構な規模の外国系海賊版サイトが摘発を受けずに存続しています。

 

そのような外国系海賊版サイトの収入源は、広告とマルウェアの供給のように見受けます。

 

根本的な解決には、条約(ベルヌ条約など)のみならず、国際的な「仕組み」が必要であるように見受けます。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

2021年JASRAC賞を発表、LiSA「紅蓮華」が初の金賞

6月 16th, 2021

 

https://www.musicman.co.jp/business/400360
(Musicman 2021年5月19日付記事より)

 

恒例のJASRAC賞の時期がやって来ました。

 

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、2021年JASRAC賞を発表しました。

 

金賞は「LiSA『紅蓮華』(作詞:LiSA 作曲:草野 華余子 音楽出版社:ソニー・ミュージックパブリッシング)」、銀賞は「『Pretender』(作詞・作曲:藤原 聡 音楽出版社:フジパシフィックミュージック)」、銅賞は「『Lemon』(作詞・作曲:米津 玄師 音楽出版社:日音)」です。

 

毎年、おなじみのことを申し上げておりますが、「歌手」はワンチャンスですので儲かりません。永遠に儲かるのは「作詞」と「作曲」なののです。さらに、「歌手」を兼ねた「シンガーソングライター」はもっと儲かります。

 

未だに「Lemon」が銅賞に入賞しているということで、それが明らかですよね?

 

「2021年JASRAC賞の受賞作品の分配構成比」がこちらになります。

https://www.musicman.co.jp/wp-content/uploads/2021/05/63b90c1e4ce3e9697bdb8d4b03118097.pdf

 

分配額TOP10をご覧ください。BGMを除けば、すべて「シンガーソングライター」です。

 

くれぐれも、お子さんの目標とされるべきところは、「歌手」ではないですよ。

 

AKBや乃木坂に入ることができたとしても、秋元康氏を超えることはできないのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

「エヴァ」風はしご車は× 市のポスターは○ 明石で対応割れる

6月 9th, 2021

 

https://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/202105/0014324205.shtml
(神戸新聞NEXT 明石版 2021年5月14日付記事より)

 

「新世紀エヴァンゲリオン」を彷彿とさせる消防車のデザインと、市職員の採用試験のポスターの文言とが、兵庫県明石市で話題になっているようです。

 

消防車のデザインの方は、本格的な納入の前に変更されたようですが、市職員の採用試験のポスターの文言は変更されないままとのこと。

 

個人的には、対応としてはそれで良いと思っています。

 

その理由は、デザインの方は可能性は低いものの、著作権・著作者人格権の侵害となりかねませんが、市職員の採用試験のポスターの「逃げちゃダメだ」は、いくら、新世紀エヴァンゲリオンの主人公の有名なせりふであることが知られていても、以前から一般に使用されている文言ですので、著作権・著作者人格権の侵害とはなり得ないからです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

人気マスクの偽物まで…見た目そっくりな「コピー商品」機能面等の保証ない物に潜むリスク

6月 5th, 2021

 

https://www.fnn.jp/articles/-/179325
(FNNプライムオンライン 2021年5月10日付記事より)

 

2020年の1年間における、名古屋税関でのコピー商品の差し止めについて、FNNがレポートをしています。

 

GUCCIやLOUIS VUITTONといったブランド品や人気アニメグッズのコピーは今も健在です。

 

昨今、マスクや抱っこひも、ヘアアイロンといった機能性商品のコピーが登場し出しました。

 

機能性商品のコピーは、ブランド品やアニメグッズのコピーとは異なり、その機能を得られないというリスクが極めて高いため、身体に与える影響が懸念されます。

 

いずれにしましても、いかなるコピー品も“悪質”であることは変わりありませんので、決して購入してはいけません。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標, 未分類, 特許・実用新案, 著作・不正競争

ソフトバンク、楽天モバイルに1000億円規模の提訴–楽天「営業秘密を利用した事実ない」

5月 29th, 2021

 

https://japan.cnet.com/article/35170325/
(CNET Japan 2021年5月6日付記事より)

 

すでにご存知の方も多いと思いますが、ソフトバンクが楽天モバイルを相手取って、不正競争によって発生した約1000億円の損害の一部・10億円の賠償請求と、営業秘密の利用停止・廃棄を求める訴訟を東京地裁に提起しており、これに対し楽天モバイルは、「本件について社内調査を実施しているが、ソフトバンクの営業秘密を当社業務に利用していたという事実は確認していない」と主張し、争う姿勢を示しています。

 

人材流出による営業秘密の漏洩の怖さは、シャープの液晶技術に係る情報漏洩、それに伴うシャープの凋落から明らかです。

 

「本件について当社では社内調査を実施してきておりますが、ソフトバンク株式会社の営業秘密を当社業務に利用していたという事実は確認されておりません。」との楽天モバイルの主張は、やむを得ないのでしょうが、苦し紛れのように聞こえてしまいます。

 

今後の行方に注目です。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

Red Hot Chili Peppers が全楽曲の著作権を約150億円で売却

5月 26th, 2021

 

https://hypebeast.com/jp/2021/5/red-hot-chili-peppers-song-catalog-sale-hipgnosis-sounds-140-million-usd-announcement-news
(HYPERBEAST 2021年5月5日付記事より)

 

Neil Young(ニール・ヤング)、Bob Dylan(ボブ・ディラン)に続き、Red Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)までもが、自らの音楽著作権を売却です。

 

しかも、Red Hot Chili Peppersの場合は全楽曲が対象です。現在、新しいアルバムを制作中にもかかわらずです。

 

アーチストにとっては、長期にコツコツと印税を得ることよりも、これがトレンドなのかもしれません。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

ページトップへ