きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。

‘著作・不正競争’

上海税関、ポケモンカードの偽物7.6トン押収―中国メディア

12月 22nd, 2021

 

https://www.recordchina.co.jp/b885572-s25-c30-d0192.html
(Record China 2021年11月25日付記事より)

 

中国で違法に製造されて、中国国内から輸出されようとした「ポケモンカード」が、上海の税関で差し押さえられ、押収されました。

 

輸出先はオランダだったそうです。

 

このニュース、登場する国名や地名が、「中国」、「上海」、「青島」、「オランダ」であり、日本の地名はおろか、国名すら登場しません。

 

それに加えて、「40万個押収」ではなく、「7.6トン押収」というタイトルです。

 

日本の国名や地名がまったく登場しないだけでもあきれますが、著作権侵害の規模の表現も、「個数ではインパクトに欠けるから重量で」ということなのでしょうか?

 

「俺のものは俺のもの、おまえのものは俺のもの」というこの国の風潮に、あきれを通り越してしまいます。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

ティナ・ターナー、ソロの全著作権をBMGに売却

11月 6th, 2021

 

https://www.daily.co.jp/gossip/foreign_topics/2021/10/07/0014740491.shtml
(デイリースポーツ 2021年10月7日付記事より)

 

ティナ・ターナーがソロ全楽曲の著作権をBMGに売却しました。

 

金額は掲載されていませんが、55億円といわれているようです。

 

ティナ・ターナーは、御年81歳ですから、妥当な判断なのかもしれませんね。

 

ちなみに、ボブ・ディラン、シャキーラ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなども、楽曲の一部または全部の著作権を売却済みです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

対策ラベルすら模造!「偽物ゴルフクラブ」の驚愕

10月 27th, 2021

 

https://toyokeizai.net/articles/-/458639
(東洋経済 2021年9月28日付記事より)

 

東京税関が9月に発表した今年1~6月の「知的財産侵害物品の差止状況」に基づいて、東洋経済新報社が、「偽ゴルフクラブ」の実態をレポートしています。

 

「偽ゴルフクラブ」の大半は、ネットでの購入によるもので、専門家でも見分けるのが難しいとのこと。

 

記事には、正規品と非正規品の写真が掲載されていますが、これは確かに見分けが難しいです。

 

正規品を買うか、しっかりチェックしている中古販売店で購入したほうが良いでしょう、とのことです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標, 意匠, 特許・実用新案, 著作・不正競争

図書館と契約したデータベースの情報を横流しさせる「違法バイト」が横行

10月 20th, 2021

 

図書館と契約したデータベースの情報を横流しさせる「違法バイト」が横行
被害企業は「売上に影響が出ている」

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2109/16/news048.html
(ねとらぼ 2021年9月16日付記事より)

北海道大学(北大)付属図書館が「違法なアルバイト募集にご注意ください」と題した学生向けの注意喚起をTwitterに投稿しています。

 

その内容は、「アルバイト」と謳って、北大の学生(北大生)に北海道大学付属図書館が契約しているデータベースの内容を提供させているというものです。

 

つまり、アルバイト名目で、北大生にそのデータベースにアクセスさせて、その情報を横流しさせているわけです。

 

北大生であれば、北大付属図書館が契約しているデータベースを無償で使用することができることは、いうまでもないですね。

 

昨今の新型コロナ禍で、学生のアルバイトが減少している中、あくどい「大人」がいるものです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

社長も言及、「岩下の新生姜」パッケージ変更がSNSで話題

10月 2nd, 2021

 

https://www.lmaga.jp/news/2021/08/320069/
(Lmaga.jp 2021年8月30日付記事より)

 

岩下の新生姜、はまっている方もたくさんいらっしゃっていると思いますが、大胆にも、巾着タイプのパッケージとそのデザインが変更となりました。

 

「イワシカ」というキャラクターも新たに登場です。

 

このような大胆なパッケージとそのデザインの変更の背景には、類似品との闘いがあったようです。

 

特に、山本食品工業には、手を焼いている様子です。

https://donoruru.work/iwasita-sinsyouga-yamamoto/

 

岩下食品の代理人は、下町ロケットで有名になられた鮫島正洋弁護士・弁理士ですが、不正競争防止法に基づく提訴は難しいとの判断なのでしょう。

 

確かに難しいところですが、信用タダ乗り(フリーライド)した者勝ちのような前例にならないことを願っています。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標, 意匠, 著作・不正競争

「ポスト漫画村」、「紙の海賊版」はここまでタチが悪くなっていた

9月 8th, 2021

 

https://wpb.shueisha.co.jp/news/society/2021/08/13/114179/
(週プレNEWS 2021年8月13日付記事より)

 

漫画の海賊版問題についてですが、海賊版サイトの勢いが止まらないようです。

 

さらに海賊版コミックス、つまり、「紙の海賊版」も出回っているようです。

 

「紙の海賊版」を作って販売するメリットは、乏しいとのことですが、ここまでするのは何なのでしょうか?

 

こういうことは、日本の漫画事情に限ったことなのでしょうか?

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

この3年で4回の著作権法改正、いったいどこがどう変わったのか・・・

9月 4th, 2021

 

この3年で4回の著作権法改正、いったいどこがどう変わったのか
忘れられがちな改正内容を整理する

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2108/05/news073.html
(ITmedia NEWS 2021年8月5日付記事より)

 

著作権法がこの3年間の間に、4回も法改正されています。

 

この法改正の内容を、ITmedia NEWSが、ギュッとまとめてくれていてお勧めです。

 

とご紹介しつつ、実は私の備忘録です。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

ファスト映画問題でわかった「映画は長くて耐えられない」人たちの存在

8月 18th, 2021

 

https://nikkan-spa.jp/1768807/2
(日刊SPA! 2021年7月24日付記事より)

 

「映画は長くて耐えられない」方々がいらっしゃるからといって、無断で「ファスト映画」を制作してインターネット上で公開するわけにはいきません。

 

「ファスト映画」にニーズがあるのでしたら、映画配給会社の承諾の下で、そのようなコンテンツを提供できるしくみを作るべきです。

 

ちなみに、「ビジネス本」においては、出版社や著者の承諾を得て行なっている業者さんが存在します。

https://www.flierinc.com/

 

こういうことなのだと思います。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

アーティストの印税に“投資”する:日本でも始まる「ロイヤリティー取引」が音楽業界にもたらすもの

7月 28th, 2021

 

https://wired.jp/2021/06/27/royaltybank-anote-music/
(WIRED 2021年6月27日付記事より)

 

アーティストの収入である“印税”が、日本でも投資対象になるようです。

 

歌詞や楽曲の著作権が対象になるのでしょうから、その著作権が証券化され、細分化されて販売されるという形がオーソドックスとなるのではないでしょうか。

 

そうなりますと、“歌手”の場合は、実演家の権利が投資対象とされない限り、対象とならないでしょう。

 

そして、投資対象とされやすいのは、シンガーソングライターが作詞・作曲した歌詞と楽曲でしょう。投資する側にとって、評価しやすいからです。

 

これを機に、ますます、シンガーソングライターと歌手の収入の格差が広がるように思えてなりません。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

2時間の映画を10分で紹介 「ファスト映画」累計被害額は950億円超、業界が法的措置へ

7月 24th, 2021

 

確認されているチャンネルだけで、累計再生回数は4億7700万回超とも。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2106/21/news112.html
(ねとらぼ 2021年6月22日付記事より)

 

動画配信サービスなどでの“倍速視聴”が浸透している中、映画のあらすじをまとめた「ファスト映画」が人気を集めていますが、これが大きな問題となっています。

 

映画のあらすじのまとめ方にもよりますが、“倍速視聴”できるようなまとめ方ですと、著作権侵害(翻案権・公衆送信権侵害)と著作者人格権侵害(同一性保持権侵害)が成立することでしょう。

 

どうやら、広告収入目的でされているようですが、これはれっきとした“犯罪”なのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

著作・不正競争

ページトップへ