きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。

‘商標’

天童市、「人間将棋」の商標出願 同名イベントに危機感、本家ブランド守る

9月 12th, 2018

http://yamagata-np.jp/news/201808/20/kj_2018082000466.php

(山形新聞 2018年8月20日付記事より)

 

天童市は、伝統工芸品である「将棋の駒」を産品としている市町村で知られています。

 

将棋の駒の95%が、天童市で生産されているのです。

 

春のイベント「人間将棋」は、62年もの伝統を誇っています。

 

正直、商標登録出願をするのが遅かったですね。もっと早くしないと。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

新元号発表と同時に始まる商標登録競争 元号単体の登録はNG

8月 29th, 2018

https://www.moneypost.jp/308770

(マネーポスト 2018年7月31日付記事より)

 

新元号発表と同時に商標登録出願が殺到するのは、「新元号」についてではなく、「旧元号」についてです。

 

つまり、来年の4月ですと、「平成」についてです。

 

そこで特許庁は、新元号発表後の「平成」という漢字2文字からなる商標の取り扱いについて、あらかじめ見解を示しました。

 

結論は、「平成」という漢字2文字からなる商標について登録を認めない(商標法3条1項6号)とのことです。

 

ただし、「『平成』を含む商標」については、登録が認められる可能性があります。

 

平成製菓、平成薬品、平成大学・・・

 

私のイチオシは「平成ホールディングス」ですね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

くまモン、中国での悩みが深刻・・・「名前覚えてもらえない!」

8月 25th, 2018

https://withnews.jp/article/f0180808000qq000000000000000G00110601qq000017638A

(withnews 2018年8月8日付記事より)

 

くまモンの中国語表記は、「酷MA萌」です。

 

でも、中国国内では、非公式表記である「熊本熊」の方が圧倒的な知名度を誇っています。

 

実は、このようなことは、中国では「あるある」話です。

 

日本の社名や商品名を中国で使用する場合、英語やカタカナ、ひらがな表記の社名、商品名などについては、必ずといって良いほど、「当て字」の「中国語表記」を作ります。

 

その際、どのような漢字を当てるかがポイントになります。

 

くまモンの場合、「COOL」を意味する漢字「酷」と、「かわいい」を意味する漢字「萌」を採用していますが、「クマモン」という「読み」を重視したのか、ローマ字「MA」採用しています。

 

私見ですが、これでは中国の方々の潜在意識に根付きにくいと思います。なぜならば、「クマモン」という読みにこだわりすぎた挙げ句、通常ですと入れないローマ字を採用しているうえに、絶対に入れるべき「熊」の字を採用していないからです。

 

それに対し、「熊本熊」の場合、先ずは「読み」を犠牲にして、「分かりやすさ」重視の結果、このような名称となったのだと思います。

 

中国では、こういう戦略の方がいいと思います。何故なら、分かりやすい「熊本熊」が中国の方々の潜在意識に早々と根付き、その結果、「熊本熊」を「クマモン」と呼んでくれるようになるからです。

 

また、ローマ字の「KUMAMON」を別途使用すれば、より効果的です。

 

せめて、「酷熊萌」にすれば良かったのにと思ってしまいます。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

森伊蔵、伊佐美の商標無断登録 中国当局が取り消し決定

8月 22nd, 2018

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33712240S8A800C1CR8000/

(日本経済新聞 2018年8月2日付記事より)

 

「森伊蔵」、「伊佐美」の芋焼酎2銘柄の中国での無断登録に対し、取消決定がされました。

 

ただ、「日本で著名な芋焼酎の商標を無断で出願、登録した」との理由で取消が決定したのではなく、「登録から3年間使用されていなかった」との理由で取消が決定したということで、決して手放しで喜べる決定ではないと思うのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

佳子さまの名前が中国でおむつの商標に、日本のネット民が激怒=中国メディア

8月 11th, 2018

http://news.searchina.net/id/1664140?page=1

(Searchina 2018年7月27日付記事より)

 

中国の「おむつ」メーカーが、商標「佳子公主」を「おむつ」について登録をしていたということです。

 

「佳子公主」は「佳子プリンセス」という意味ですので、日本の秋篠宮家の佳子さまを示しているということは容易に分かると思います。

 

日本において、例えば、外国の著名な皇族のお名前について商標登録出願をすると、間違いなく拒絶されます。

 

しかしながら、中国では違うのか、それとも「佳子プリンセス」が著名ではないということなのでしょうか?

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

農水省、「農泊」の商標使用に許諾申請を義務化

8月 8th, 2018

https://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/25730/

(やまとごころ 2018年7月27日付記事より)

 

登録商標「農泊」(登録第4721507号)は、NPO法人安心院町グリーンツーリズム研究会会長の宮田静一氏の有する登録商標です。

 

そして、今年の6月に、農林水産省が独占的ライセンス(専用使用権)を受けています。

 

個人の商標権からお国が独占的ライセンスを受けるなんてことがあるのですね。

 

独占の場合、ライセンスフィー(使用料)はお安くないんですけどね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

バーバリー、40億円超の売れ残り商品を燃やす「環境に優しい方法で処分している」

7月 28th, 2018

https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/20/burberry_a_23486109/

(The Huffington Post 2018年7月20日付記事より)

 

きっと、環境に優しい処分方法なのでしょう。

 

でも、つまるところは「ブランドを守るための焼却処分」です。

 

つい、「収穫しすぎた野菜や果物」を思い出してしまいます。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

中国で「エムバペ」の商標登録申請が急増-中国メディア

7月 25th, 2018

https://www.recordchina.co.jp/b626062-s0-c50-d0045.html

(Record China 2018年7月18日付記事より)

 

無審査制度を導入していない大抵の国では、登録されないでしょう。

 

いくら使用主義的傾向が強い中国とはいえ、登録されるとしたら、中国の商標制度がどうかしていると思います。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

「カップヌードルの帯型図形」位置商標として登録 日清食品HD

7月 14th, 2018

http://www.sankeibiz.jp/business/news/180702/bsd1807021902012-n1.htm?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

(SankeiBiz 2018年7月2日付記事より)

 

「位置商標は」平成27年4月から始まった商標登録の制度ですが、「位置」が権利になることから、なかなか登録が厳しい商標です。

 

でも、このカップヌードルの位置商標については、「異論なし」ではないでしょうか?

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

田中義剛、商品のネーミングミスで1億円以上損「発売して10日ぐらいで…」

6月 27th, 2018

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180603-OHT1T50176.html

(スポーツ報知 2018年6月3日付記事より)

 

田中義剛氏が、ポテトチップにキャラメルを染みこませた商品を開発し、「天使のポテト」というネーミングで販売しようとしたところ、「森永製菓」から「『天使』は当社の登録商標なので使用しないでください」と言われて、商品から広告まですべて廃棄して、大損をしたということです。

 

ですが、商標「天使」と「天使のポテト」は、類似しないという主張が十分通ると思います。

 

その後、田中義剛氏は、「天地のポテト」という商標を登録していますが、他の登録例から見ても、「天使のポテト」という商標は、当時、登録可能だったはずです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

ページトップへ