きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。

‘商標’

大仁田厚が『電流爆破』を商標登録出願し「プロレス界の筋を通せば損害賠償は請求しない」と…

3月 6th, 2019

大仁田厚が『電流爆破』を商標登録出願し「プロレス界の筋を通せば損害賠償は請求しない」とデスマッチ界に警告!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00010000-battlen-fight

(YAHOO! JAPAN ニュース 2019年2月12日付記事より)

 

確かに、商標「電流爆破」は商標登録出願がされています。商願2019-001556号です。

 

大仁田氏は、「使ったからと言って訴えるという行為に走ることはありませんが、一応、筋を通して、プロレス界の筋を通してご一報願えれば。『使用しますよ』とか『電流爆破を使いますよ』とか。」とのこと。

 

しかしながら、指定役務「プロレスリングの興行の企画・運営又は開催,その他の格闘技の興行の企画・運営又は開催」について、商標「電流爆破」は、もはや「普通に用いられるにすぎない商標」として拒絶されてもおかしくはないと思うのですが。

 

審査官はどのような判断をするでしょうね?

 

また、これら役務について「登録査定」された場合、どなたか「登録異議の申し立て」をしないでしょうかね?何人も可能なのですが。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

商標

三浦翔平起用のティラミス専門店「HERO’S」を巡り物議 人気店「ティラミスヒーロー」とコンセプトが酷似?

2月 9th, 2019

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1901/21/news112.html

(ねとらぼ 2019年1月21日付記事より)

 

シンガポールで生まれたティラミス専門の人気店「ティラミスヒーロー」が日本へ店舗展開をしようとしたところ、日本国内のティラミス専門店「HERO’s」が商標「ティラミスヒーロー」について登録を受けていた問題です。

 

その後、本家「ティラミスヒーロー」の著作権問題が浮上しているようですが、それはさておき、ティラミス専門店「HERO’s」による商標「ティラミスヒーロー」の登録は、その後、ティラミス専門店「HERO’s」が「使用許諾を行う」と発表していることからも、本家「ティラミスヒーロー」に対する「フリーライド(信用のタダ乗り)」だったといえるでしょう。

 

商標法では、「他人の業務に係る商品又は役務を表示するものとして日本国内又は外国における需要者の間に広く認識されている商標と同一又は類似の商標であって、不正の目的(不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的その他の不正の目的をいう。以下同じ。)をもって使用をするものについては、商標登録を受けることができない。」との規定があります(第4条第1項第19号)

 

登録無効審判請求をすれば、登録無効になる可能性が高いように見受けるのですが、あまりそういう議論はされていないようですね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

商標

「これはアフリカ人に対する攻撃だ」ディズニー「ハクナ・マタタ」の商標登録に「取り消して!」の声

1月 19th, 2019

https://courrier.jp/news/archives/148810/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

(COURRiER JAPAN 2019年1月7日付記事より)

 

「ハクナ・マタタ」とは、スワヒリ語で「心配ない」という意味の言葉なのだそうです。

 

仮に「ハクナ・マタタ」がディズニーが商標登録を受けたとしても、「心配ない」の意味で普通に「ハクナ・マタタ」と使用する行為は、商標権侵害には該当しません。

 

でも、使用態様によっては商標権侵害に該当しかねませんから、アフリカ人に対する攻撃か否かはともかくとして、気持ちが悪いことには変わりがないでしょうね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠 #札幌実用新案 #札幌弁理士 #札幌特許事務所

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

商標

あのミッキーマウスが2024年にパブリックドメインの一部になるかもしれない

1月 19th, 2019

https://gigazine.net/news/20190104-mickey-mouse-public-domain/
(Gigazine 2019年1月4日付記事より)

著作権の保護期間満了が近づいた有名著作物については、必ずといっていいほど、このような記事が出るのですが、残念ながら、Disneyが必ず何らかの手を打ちます。

これまでもそうだったからです。

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

12月28日 八木アンテナの特許出願(1925年)

1月 12th, 2019

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58945?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
(講談社 2018年12月28日付記事より)

「八木アンテナ」ってご存知ですか?

以前、どこの家の屋根にも立っていた魚の骨のようなアンテナ、あれが「八木アンテナ」です。

東北大学工学部出身の八木秀次博士により開発され、当時の「八木アンテナ」は今でも東北大学工学部で展示されています。

「八木アンテナ」は第2次世界大戦中、イギリスやアメリカによって活用され、まったくもって活用していなかった大日本帝国海軍は、「八木アンテナ」を活用しなかったがために、ミッドウェイ海戦において大損害を被ったという逸話があるのです。

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

「ルイ・ヴィトン」がパロディ商品を巡って日本の「ジャンクマニア」に勝訴

12月 19th, 2018

https://www.wwdjapan.com/742657

(WWD JAPAN 2018年11月20日付記事より)

 

「ルイ・ヴィトン」が “リメイク品”を販売する日本の業者「ジャンクマニア」を相手取り、「ジャンクマニア」が「ルイ・ヴィトン」のモノグラムと同一・類似の模様を使用したのは不正競争防止法違反及び商標権侵害に当たるとして、知的財産高等裁判所へ提訴していました。

 

その結果、知的財産高等裁判所は「ルイ・ヴィトン」の主張を認め、「ジャンクマニア」に対し、170万円の損害賠償の支払いと商品の販売差し止めを命じました。

 

先日、写真にある靴と似た靴を履いてる若者を見かけ、「ヴィトンの商品でああいう靴があるんだ。かっこいいなあ。」と思ってしまった私は、まんまと「ジャンクマニア」にしてやられたわけです。

 

従いまして、「ジャンクマニア」が訴訟において主張した「販売しているのはあくまでもパロディ商品で、価格の安さから消費者が『ルイ・ヴィトン』の商品と間違えることはない」との主張は、明らかに失当です!

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

商標

米ガールスカウトがボーイスカウトを提訴、「名称変更は商標権侵害」

12月 5th, 2018

https://jp.reuters.com/article/scouts-idJPKCN1NC0BT

(REUTERS 2018年11月7日付記事より)

 

ボーイスカウトアメリカ連盟(BSA)が、プログラムから「ボーイ」を削除して「スカウト」とし、女子に対する勧誘キャンペーンを始め、これに対し、ガールスカウトアメリカ連盟(GSUSA)がマンハッタン連邦裁判所へ「商標権侵害」で提訴したそうです。

 

さすがにこれは揉めるでしょう。

 

でも、このままですと、「ガールスカウト」の方も「スカウト」にしちゃって、男子に対する勧誘キャンペーンを始めませんかね?

 

この場合、私でしたら迷わず「元ガールスカウト」への入会を検討しますが、とはいえ、一緒になる道はないのでしょうか?

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

新旧元号の商標登録不可 政府、来年2月に基準見直しへ

11月 28th, 2018

https://www.sankei.com/politics/news/181105/plt1811050007-n1.html

(engadget 2018年11月5日付記事より)

 

現在の商標登録出願の審査基準(審査のルールブック)では、「現元号」については商標登録を受けられないとしています。

 

これを、「元号全般」に改めるということです。

 

ちなみに、商標「明治」については、「明治ホールディングス株式会社」の他、「明治安田生命保険相互会社」や「株式会社明治ゴム化成」が登録を受けています。

 

また、商標「大正」については、すべての登録が、「大正製薬株式会社」によるものです。

 

さらに、「昭和」については、「昭和産業株式会社」の登録が1件あるだけです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

ZOZOが「ZOZOSHOES」の商標出願、オーダーシューズの開発は大詰めへ

11月 24th, 2018

https://www.fashionsnap.com/article/2018-11-05/zozoshoes-trademark/

(SankeiBiz 2018年11月5日付記事より)

 

「ZOZOSUIT」の次は、「ZOZOSHOES」がリリースされるようです。

 

「ZOZOSHOES」も「ZOZOSUIT」と同様に、無料頒布されるのでしょうね?

 

そうすると、もしかしたら、「ZOZOSUIT」を着て「ZOZOSHOES」を履いた人が街中を闊歩する姿を見かけるようになるかもしれませんね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

無印良品、中国でパクリ会社に提訴され一審敗訴 「本物が偽物に負けた」とネット騒然

11月 17th, 2018

https://www.epochtimes.jp/2018/11/37477.html

(大紀元時報 2018年11月1日付記事より)

 

中国で「無印良品」という登録商標を有しているのは、「北京棉田紡織品有限公司」です。

 

先取りされた登録商標「無印良品」を買い取り、中国国内で「無印良品 Natural Mill」という店舗を展開しています。

 

ですので、本家の「無印良品 Muji」は、仕方なく、中国国内では「Muji」とだけ名乗っています。

 

「無印良品 Natural Mill」は、本家の「Muji」と一見するとそっくりですが、商品の品質は良くないです。

 

そんな「無印良品 Natural Muji」が、本家の「Muji」を商標権侵害で訴え、しかも一審で「無印良品 Natural Mill」が勝訴したのです。

 

「Muji」は、中国国内では好感的に見られている企業です。

 

そんな「Muji」でも、中国での現状はこうなのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

ページトップへ