きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。

‘商標’

人気飲食店と同名の「カレーは飲み物」を商標登録出願したベガルタ仙台が大炎上

8月 13th, 2022

 

https://getnews.jp/archives/3306506
(ガジェット通信 2022年7月5日付記事より)

 

最初、SOCCERKINGのこの記事を見て、無知な私は、「『カレーは飲み物』って、ベガルタ仙台さんが発祥だったんだ。」と思いました。

https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/00000000/1664243.html?cx_top=newarrival

 

しかし、実際には、「カレーは飲み物。」と「。」が付くのが本家でして、「株式会社そ組」さんと「株式会社のみもの。(旧:日本カレーライフ協会株式会社)」さんが運営しており、商標登録も受けています。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2014-056889/ECB903270A120D830FFA22C17BDF7F3539789B2A13DE70390C4644BB266817B8/40/ja

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2017-048595/27E0E7AB285514C34EC7E4DEB734BC5DB5D6FBD4AEC45D58C35F36ABBC0F33FB/40/ja

 

また、「カレーは飲み物。」の語源は、故、「ウガンダ・トラ」さんの「カレーライスは飲み物です。」とのこと。

では、何故、ベガルタ仙台さんが「カレーは飲み物」を商標登録出願したのでしょう?

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2022-073021/DC3CD8C023ED95663EE4771AA92E78EE1B746F24A66ACAC924F114B62E4EA95E/40/ja

 

球団のWebサイトで釈明がされていますが、正直、??です。

https://www.vegalta.co.jp/news-club/2022/07/post-457.html

 

しかも、こんなことをしたからでしょうか、あの悪名高い企業さんまでもが「参戦」しました。いつもの通り、出願手数料を支払わずにです。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2022-077500/AC7B5A7FEA56C4807509B1237527FEDE415C537117369AC10E31961176EFA509/40/ja

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2022-078023/368663CF1457AB881E88ABA71AD2F626537BEE8231A1E1FA38EF3E79097EF446/40/ja

 

でも、ベガルタ仙台の出願商標も、もちろんあの企業さんの出願商標も、商標登録を受けられることはないでしょう。

 

老婆心ながら、ベガルタ仙台さんは、カッコ悪い内容の拒絶理由通知書を発せられる前に、出願を取り下げた方が良いと思います。

 

ところで、この件で学んだことがあります。「カレーは飲み物」の称呼(呼び方)って、「カレー『ハ』ノミモノ」だと思っていましたが、「カレー『ワ』ノミモノ」なんですね。

 

確かに、称呼だからそうなるのですね。

 

今さらって怒られそうですが、とてもいい気分です。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

「本来は炎上するべきでなかった」 「ゆっくり茶番劇」騒動の柚葉が持論展開

8月 6th, 2022

 

https://www.j-cast.com/2022/06/22439942.html?p=all
(J-CASTニュース 2022年6月22日付記事より)

 

以前にこのブログでもご紹介しましたが、同人サークル「上海アリス幻樂団」が手掛ける作品群「東方Project」というのがありまして、ニコニコ動画で公開されています。

 

そこでは「ゆっくり○○」というシリーズが公開されています。

 

少し前のお話ですが、「東方Project」とは関係のないユーチューバーの柚葉さんが、「ゆっくり茶番劇」という商標について登録を受け、登録商標「ゆっくり茶番劇」の使用について有償での使用許諾の用意があることを発表しました。

 

これが大炎上し、柚葉さんは「ゆっくり茶番劇」の商標権を放棄するに至りました。

 

その後、柚葉さんは、今回の件が本来は炎上するべきでなかったと、自身のTwitterのアカウントで述べています。

 

私も、別に炎上することはなかったと思うのです。

 

そもそも、「ゆっくり○○」という名称はいくらでも作出することができますし、また、「ゆっくり茶番劇」という登録商標と同一・類似の商標を、その指定役務等について使用しなければ、何ら影響すらないわけです。

 

むしろ、「ゆっくり茶番劇」という商標の登録が責められるのであれば、それは、法的根拠がないまま、「ゆっくり○○」という商標について登録を許さないということになりかねません。

 

一方で、ニコニコ動画を運営するドワンゴは、「ゆっくり実況」、「ゆっくり解説」、「ゆっくり劇場」という3つの商標を出願し、審査待ちの状態です。

 

このドワンゴによる行為は、責められるどころか、むしろインターネット上では歓迎されている雰囲気です。

 

商標登録は、識別性や既得権、公共性などを勘案し、登録の可否が行政処分としてなされるわけですが、これを無視して、「ゆっくり○○」の商標登録について、柚葉さんはダメで、ニコニコ動画を運営するドワンゴは許されるということになるのは、いかがかと思います。

 

「ゆっくり茶番劇」の商標登録を責めた方は、もう少し高いところから俯瞰して、判断して欲しいなと思います。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

中国の「ルイ・ヴィトン」で模倣品を売られたと客が提訴 裁判所は「ルイ・ヴィトン」に損害賠償命令

8月 3rd, 2022

 

https://www.wwdjapan.com/articles/1373590
(WWD JAPAN 2022年6月9日付記事より)

 

中国の長沙IFS(Changsha IFS)にある「ルイ・ヴィトン」の店舗で、「ルイ・ヴィトン」の商品の模倣品を販売されたとして購入客が訴え、裁判所は「ルイ・ヴィトン」に対して8万9400人民元(約169万円)の支払いを命じました。

 

もう一度、手短かに言いますね。

 

中国の「ルイ・ヴィトン」の店舗で、「ルイ・ヴィトン」の商品の模倣品を売られたと訴えた者に対し、裁判所は「ルイ・ヴィトン」に損害賠償を命じました。

 

災難としか言いようがないように思います。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

キム・カーダシアン、新スキンケアブランドの商標で訴訟沙汰に

7月 13th, 2022

 

https://nordot.app/915650762297278464
(BANG Showbiz 2022年7月1日付記事より)

 

キム・カーダシアンが、自身のスキンケアブランド「SKKN BY KIM」の商標の使用を巡って訴えられました。

 

相手は、ニューヨークのブルックリンを拠点とする、シンディ・ランズフォード氏の会社「ビューティー・コンセプツLLC」です。

 

「ビューティー・コンセプツLLC」が展開するブランド「SKKN+」の商標権を侵害するというものです。

 

確かに、スキンケアを示す文字「SKKN」は、普通ではなく識別性を有する文字といえます。

 

とはいえ、キム・カーダシアンのブランド名に含まれる文字「SKKN」には、「+」がありません。

 

さて、結末はいかに。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

「THE」が商標登録される

7月 6th, 2022

 

https://gigazine.net/news/20220627-the-trademarked/
(Gigazine 2022年6月27日付記事より)

 

米国で、商標「THE」が登録されたとのことです。

 

商品「Tシャツ・野球帽・その他帽子」について登録が認められたとのことですが、実際の使用実績があるとはいえ、これはすごいですね。

 

日本では、特別顕著性が認められず、登録を受けることは難しいのではないかと思います。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

「ルブタン」レッドソールの商標登録に暗雲 拒絶査定不服審判でも認められず

6月 29th, 2022

 

https://www.wwdjapan.com/articles/1374842
(WWD JAPAN 2022年6月13日付記事より)

 

ルブタンといえば「真っ赤な靴底」ですが、2015年に「位置商標」として出願されていたこの商標が拒絶査定となり、拒絶査定不服審判を請求するも覆りませんでした。

 

おそらく、次のステージとなる、知財高裁で争われることになると思います。

 

位置商標の運用が始まった当時、その例として特許庁の資料に掲載されていたのがこの商標です。

 

もちろん、今は掲載されていませんし、それどころか、こんな結末です。

 

いよいよ追い込まれたルブタンの「真っ赤な靴底」商標ですが、逆転なるでしょうか?

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

「ゆっくり茶番劇」商標登録で思い出される、殺害予告まで飛び出した「のまネコ騒動」とは?

6月 18th, 2022

 

https://npn.co.jp/article/detail/200021821
(リアルライブ 2022年6月4日付記事より)

 

ニコニコ動画で「ゆっくり」という動画のシリーズがあるのですが、YouTuberの柚葉氏が「ゆっくり茶番劇」という商標の登録を受け、「ゆっくり」動画を愛するネット民からバッシングされ、登録商標「ゆっくり茶番劇」の商標権を放棄するという騒動が、最近ありました。

 

また、この騒動を受け、ニコニコ動画を運営するドワンゴ社が、「ゆっくり実況」、「ゆっくり解説」、「ゆっくり劇場」の3つの商標を出願しました。

 

この騒動を見て、あの「のまネコ騒動」を思い出すとともに、ドワンゴ社はうまいことやったなという感を抱いています。

 

「のまネコ騒動」の場合、主体であるエイベックス社が商標登録を受けてバッシングされましたが、今回の騒動は、第三者であるYouTuberの柚葉氏が商標登録を受けてバッシングされ、その後に主体であるドワンゴ社が商標登録出願をしているという点で大きく異なっています。

 

「騒動」という観点だけでいえば、YouTuberの柚葉氏ではなく、ドワンゴ社が最初に「ゆっくり実況」、「ゆっくり解説」、「ゆっくり劇場」の3つの商標を出願していたなら、どうなっていたのかなと思い、ドワンゴ社は騒動に乗じてうまくやったような感があるわけです。

 

一方、「商標の登録性」という観点からは、エイベックス社もYouTuberの柚葉氏も、もちろんドワンゴ社も、誰も悪いとは言えません。なぜならば、我が国の商標法は、公衆性・公益性の高い商標の登録を明確に排除しているからです。

 

もっとも、審査の独立機関である「審査官」が、とんでもない審査をする場合もまれにあります。球団と関係のない第三者の出願商標「阪神優勝」について登録を認めた例などです。

 

しかしながら、そのような例はごくまれであり、審査の時点で、商標「のまネコ」も「ゆっくり茶番劇」も、少なくとも特別顕著性を有していたから登録を受けることができたのであって、ちまたで広く使用されているような商標であれば、登録を受けることができないのです。

 

他方、いくら「ゆっくり」動画がシリーズとしてあって、ネット民から愛されているからといって、「ゆっくり」を含む商標の登録が、審査の結果にかかわらず否定されるというのは、非常に抵抗感があります。

 

まるで、「ゆっくり」を含む商標について、出願もされていないにもかかわらず、一種の排他的権利を認めるような感があるからです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標}
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

iPhoneの問い合わせが「アイホン」に 「よくあるご質問」とその答え

6月 1st, 2022

 

https://www.j-cast.com/trend/2022/05/13437277.html?p=all
(J-CASTニュース 2022年5月13日付記事より)

 

インターホン大手メーカーの「アイホン(名古屋市)」の公式サイトには、「iPhone(アイフォーン)の調子が悪いです」との問い合わせに対する回答が、ご丁寧に掲載されています。

https://www.faq-aiphone.jp/customer/faq/web/knowledge5128.html

 

名称が類似するとはいえ、他社の商品についてQ&Aが掲載されることは、通常はありません。

 

毎年、「アイホン」社には、Apple社から莫大な商標使用料が支払われています。だからかもしれませんね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

「ゆっくり茶番劇」が商標登録され物議 担当弁理士事務所「皆さまに愛されているとは知らず」

5月 25th, 2022

 

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2205/16/news090.html
(ITmedia NEWS 2022年5月16日付記事より)

 

「第41類 インターネットを利用して行う映像の提供」など、第41類を指定した「ゆっくり茶番劇」という商標が登録を受けました。

 

「ゆっくり茶番劇」は、同人サークルである上海アリス幻樂団が展開する「東方Project」の“ゆっくり”シリーズからの派生とのことです。

 

商標権者と思われるYoutuberが、登録商標「ゆっくり茶番劇」の使用について、ライセンスを求める旨をTwitterで声高に表明したことで、物議を醸しています。

 

その火の粉が、代理をした弁理士(特許事務所)にも及び、特許事務所がホームページに「『ゆっくり茶番劇』について」と題する文書を公開し、「皆さまに愛されている商標であることを存じておらず、ご迷惑をおかけ致したこと申し訳ございませんでした」と謝罪するに至りました。

 

個人的には、文書に記載された「見解」の通りだと思いますので、「何も謝らなくてもいいのでは?」というのが正直なところです。

 

でも、もしかしたら、謝らないと収拾の付かない状態になっているのかもしれません。

 

この特許事務所ですが、所長のお父さんも弁理士で、所長である息子さんとご一緒に事務所を経営されているのですが、実は、お父さんには20年来、お世話になっています。

 

お父さんはとても真摯で、かつ、極めて頭脳明晰な方です。この文書が謝罪から始まっていることと、見解の書きぶりからして、作成したのは所長の息子さんではなく、お父さんだと思います。

 

折を見て、お父さんに連絡してお聞きしてみようと思います。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

日本ハム「BIGBOSS」グッズがバカ売れも…商標問題は解決どころか特許庁から拒絶されていた

5月 14th, 2022

 

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/304657
(日刊ゲンダイ 2022年4月30日付記事より)

 

この日刊ゲンダイさんの記事には、間違ったことは書かれていません。

 

ですが、あおりすぎなように見受けます。このように書くと売れるのかもしれませんが。

 

記事に書かれている「『被服』、『運動用特殊衣服』などウエアやユニホームに関わる『第25類』」について、現在の出願人であります「株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメント」は、遅かれ早かれ、登録を受けることができるでしょう。

 

もっとも、「株式会社ファイターズ スポーツ&エンターテイメント」の提出した意見書の内容が、正直、イマイチであるため、日刊ゲンダイさんが誤解をされたのかもしれません。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

ページトップへ