きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。

‘商標’

広瀬香美「芸名使用禁止」という“制裁”に何の意味があるのだろうか

6月 23rd, 2018

http://www.jprime.jp/articles/-/12512

(週刊女性PRIME 2018年6月1日付記事より)

 

独立騒動の影響で、旧所属事務所が芸名を使用させないということが、少なからず起きています。

 

この「広瀬香美」の件もそうですが、記憶に新しいのは「能年玲奈」の件、アラフィフなら誰でも知っている「加勢大周」と「新加勢大周(坂本一生)」などです。

 

「能年玲奈」に至っては、実名です。

 

以前は、芸名についての商標登録が困難でしたので、しかるべき契約を締結すべきということだったと思いますが、最近は芸名についての商標登録が可能ですので、商標登録による線引きが一番分かりやすいように思えます。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

愛知・三河のソウルフード「キリンラーメン」、大人の事情で名称変更を発表 新名称は一般公募に

6月 16th, 2018

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1805/29/news079.html

(ねとらぼ 2018年5月29日付記事より)

 

既にご存じの方も少なくないと思います。

 

愛知県西三河地域のご当地ラーメン「キリンラーメン」が、あの「キリン」との関係から、名称変更をすることなりました。

 

商標登録を受けておらず、かつ、先使用権も認められなかったのが原因なのでしょう。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

誰もが知る「♪エ・バ・ラ、焼肉のたれ」が音商標登録

6月 6th, 2018

http://otakei.otakuma.net/archives/2018052107.html

(おたくま経済新聞 2018年5月21日付記事より)

 

昨年の出願です。

 

有名なCMイントロですので、意外と遅いように思います。

 

J-Platpatの商標番号照会

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/shouhyou/sybs/SYBS_GM101_Top.action

の、「公告・登録・商標公報」の欄に「6039687」と入力して「照会」ボタンを押し、「商標公報6039687」を押せば、「音声再生」ボタンが現れますので、そのボタンを押せば試聴できます。

 

バージョンは、最近のものですね。

 

なお、代理人は、仲の良い弁理士でした。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

「きのこの山」が立体商標に 「登録拒絶」乗り越え

5月 26th, 2018

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1805/10/news074.html

(ITmedia ビジネスオンライン 2018年5月10日付記事より)

 

このブログでも何度か取り上げてきました「立体商標」ですが、とにかく登録されるのが難しい商標です。

 

この、「きのこの山」、よく登録されたと思います。代理人弁理士の手柄でしょう。

 

なにせ、チョコレート菓子として、「誰が見てもきのこの山だと分かる」という立証をしなければならないのですから。

 

なお、「たけのこの里の立体商標登録の予定はない」そうです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

キッコーマンの「しょうゆ卓上びん」が立体商標として登録 文字がなくても何だか分かる

4月 25th, 2018

50年以上変わらぬデザインです。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/18/news028.html

(ねとらぼ 2018年4月18日付記事より)

 

コカ・コーラ社のスマートボトルや、HONDA社のスーパーカブなどと同様、一目見たら分かりますね。

 

立体商標は、これくらい著名でないと、なかなか認められないのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

「そだねー」北見工業大学の生協が六花亭より2日早く商標出願していた

4月 4th, 2018

https://www.huffingtonpost.jp/2018/03/27/sodane-kitami_a_23396217/

(Huffington Post 2018年3月27日付記事より)

 

このニュースは、すでに皆さんもご存知のことと思います。

 

この関連のニュースでは、「早い者勝ち」、つまり「先願主義」ばかりが取り上げられています。

 

しかしながら、先願であれば必ず登録を受けられるというわけではありません。そもそも「識別性」がない商標は、登録を受けることができないのです。

 

商標「そだねー」は、もはや誰の商品やサービスに対する商標なのか、自他商品・サービスについての識別性がないように見受けます。

 

担当の審査官が、私と同様に考えたなら、商標法第3条第1項第6号に該当するとして、拒絶するのではないかと思います。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

「BBS」と見間違える「885」ホイール、販売停止処分 賠償金支払いへ

3月 17th, 2018

https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02060630/?all=1

(Response 2018年2月23日付記事より)

 

ドイツの高級アルミホイールメーカー「BBS」と一見間違える、Vannetukku社の「885」ホイールが販売停止となり、損害賠償も負うことになったとのことです。

 

BBS社の「100% Original」との表記に対し、Vannetukku社は「100% FAKE」と表示しており、「パロディ」を意図していたことは明らかだと思います。

 

しかしながら、日本も同様なのですが、目立った「パロディ」に対する風当たりは、まだまだ強いようです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

「アディダス」と「プーマ」2つの世界的シューズメーカーを生み出した兄弟の物語

3月 14th, 2018

https://gigazine.net/news/20180222-rivalry-behind-adidas-puma/

(Gigazine 2018年2月22日付記事より)

 

「アディダス」と「プーマ」、これら世界的シューズメーカーは、それぞれ、「ダスラー兄弟」が創業したことをご存じでしたか?

 

アディダスの創業者であるアドルフ・ダスラーとプーマの創業者であるルドルフ・ダスラー。

 

創業のきっかけは、兄弟げんかだそうです。

 

おそらく世界最強の兄弟げんかでしょうね。

 

でも、ダスラー兄弟の間にあった深い溝は、今では従業員たちによって埋められているようです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

「OKAYAMA」商標不許可に 中国、県の異議認める

2月 28th, 2018

「OKAYAMA」商標不許可に 中国、県の異議認める

http://www.sanyonews.jp/article/663585

(山陽新聞 2018年2月2日付記事より)

 

当然です。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

「AOMORI」だけじゃない、中国企業が日本の地名を商標出願-中国メディア

2月 7th, 2018

http://www.recordchina.co.jp/b430678-s0-c10.html

(Record China 2018年1月10日付記事より)

 

中国では、「AOMORI」の他、「弘前」、「美濃」、「播州」、「伊勢」の文字や図形を含む複数の商標が合法的に登録されています。

 

日本の旧国名や市名は、中国国内で「公衆に知られていない」からとの理由だそうですが、それって矛盾してませんか?

 

せめて、「Yohoo!」や「Google」で検索して欲しいですね。

 

あっ、中国国内では使えないのか。。。

 

百度(バイドゥ)ではヒットしないのかもしれませんね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

ページトップへ