きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。

‘商標’

トヨタの新型SUVか?『4アクティブ』を米国で商標登録

2月 8th, 2020

 

https://response.jp/article/2020/01/05/330333.html
(Response 2020年1月5日付記事より)

 

トヨタ自動車が、「4 active」との商標を、米国特許商標庁へ出願しているようです。

 

「新開発のクロスオーバー」の名称とのことですが、日本ではまだ出願されていないようです。

 

もっとも、米国の商標登録出願が一番早いのであれば、その出願日から6ヶ月以内に「優先権主張」を伴う商標登録出願を日本ですれば、米国で商標登録出願をしたのと同じ利益が得られますので、現時点で日本において商標登録出願がされていなくても、何ら問題はないです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

宇治抹茶、中国産模倣品で実害 輸出にも影響か

1月 22nd, 2020

 

https://news.nissyoku.co.jp/news/ooi20191210010835043
(日本食糧新聞 2019年12月13日付記事より)

 

中国で宇治抹茶の模倣品が多く出始めています。

 

見てください。この模倣パッケージ。

 

日本の「無印良品」が中国の「無印良品」に敗訴しましたよね?
https://www.businessinsider.jp/post-204062

 

残念ですが、これが今の中国なのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

食品業界初、「UCC ミルクコーヒー」が“色彩のみからなる商標”に登録

1月 15th, 2020

 

https://www.ssnp.co.jp/news/beverage/2019/12/2019-1211-1447-14.html
(食品産業新聞社ニュースWEB 2019年12月11日付記事より)

 

「UCCミルクコーヒー」の缶のデザインに使用されている、茶色・白色・赤色の3色が、「色彩のみからなる商標」として商標登録されました。

 

「色彩のみからなる商標」として商標登録されるには、だれもが思い浮かべるくらい「著名であること、つまり、だれでも知っていることが条件となります。なぜならば、「色彩のみ」について登録を認めるのですから、その商標権の効力は相当「強力」となるからです。

 

これまでの登録例としては、トンボ鉛筆の消しゴムで用いられている「青、白、黒」の色彩や、セブン-イレブン・ジャパンの看板などに用いられている「白地にオレンジ、緑、赤」の色彩、三菱鉛筆の『ユニ』で用いられている蝦茶色とワインレッドの混合色であるユニ色と黒の組み合わせの色彩、ファミリーマートの看板などに用いられている「緑、白、青」の色彩などがあります。

 

「おやっ?」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。「UCCミルクコーヒー」の缶のデザインって、「著名」なのかと。

 

そこは代理人弁理士の腕の見せ所でして、審査官にいかに「著名」であると認めさせるかということなのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

許可なく「ONO消しゴム」販売中止 小野市観光協会

12月 14th, 2019

 

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201911/0012847525.shtml
(神戸新聞 2019年11月4日付記事より)

 

「トンボ鉛筆(東京)」が製造する「MONO消しゴム」のパロディー版「ONO消しゴム」を、兵庫県小野市観光協会が「トンボ鉛筆」の許可を得ずに作り、イベントで販売しようとして止められたとのことです。

 

でも、このアイデア自体は、とても面白いと思うのです。

 

ちゃんと事前に「トンボ鉛筆」へ、このアイデアを持ち込んでいれば、コラボできたかもしれないだけに惜しいですね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標, 著作・不正競争

ソニー、PS6からPS10までの商標を出願。商標ゴロ対策か

12月 4th, 2019

 

https://japanese.engadget.com/2019/10/29/ps6-ps10/
(Engadget 2019年10月30日付記事より)

 

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、現状、発売予定のない「PS6」から「PS10」までの商標出願をしていることが分かりました。

 

しかもこれら商標登録出願は、「ピーエスシックス」、「ピーエスセブン」、「ピーエスエイト」、「ピーエスナイン」および「ピーエステン」といったように、カタカナの商標ですから、明らかに「外国対策」ではありません。

 

最近、国内で新たな「商標ゴロ」の出現が目立ちますので、その対策だと思われます。

 

残念ながら、国内でも、このような商標登録出願をせざるを得ないのが実情でして、そのため、審査が着手されるまでに、実に1年以上も掛かっているのが現状です。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

大阪の人気たこ焼きチェーン「くくる」商標めぐり全国でトラブルが続発!

11月 16th, 2019

 

https://bunshun.jp/articles/-/14601
(週刊文春デジタル 2019年10月10日付記事より)

 

人気たこ焼きチェーン店「たこ家道頓堀くくる」を経営する「白ハト食品工業株式会社」が、自社の有する登録商標「道頓堀 くくる たこ家」に基づいて、全国の「くくる」という名称の飲食店、またはこれに類似する名称の飲食店に対し、商標権侵害である旨の通知書を発送しているという問題を週刊文春が取り上げています。

 

当職も経験がありますが、商標権者から、「うちの登録商標と同一・類似の名称の飲食店が、全国にこれだけあるから、使わせないようにして欲しい」というご依頼を受けることがあります。

 

そうしますと、代理人としましては、その「同一・類似の名称の飲食店」へ向けて、この記事にあるように、「商標権侵害である」旨の通知書を発送します。

 

中には、「通知書を受け取って驚きました。悪気はなかったんです。どうしたらいいでしょうか?」と、誠意に満ちたお電話を戴ける店主さんがいらっしゃいます。

 

しかしながら、代理人としてできるのは「時間的猶予を設ける」だけでして、「店名を変更してください。」という「要求」に変わりはありません。

 

これが、とても心苦しいところであります。

 

もし、皆さんの元に、「商標権侵害」である旨の警告書や通告書、通知書が来た場合は、

1. 本当に、店名がその登録商標と同一・類似であるのかどうかを確認してください。「商標が似ている・似ていない」は、①外観(見た目)、②称呼(呼び方)、③観念(意味合い)のいずれかが共通しているかどうかで、原則は判断され、同一・類似でなければ、商標権侵害には該当しません。

2. 仮に、同一・類似であったとしても、その店名の使用を開始した日が、その登録商標の出願された日より早いかどうかを確認してください。早い場合は、「先使用権」という権利が発生している「可能性」があります。

 

店名がその登録商標と同一・類似であり、かつ、その店名の使用を開始した日が、その登録商標の出願された日より遅い場合は、残念ですが、店名を変更することをお勧めします。

 

なお、この週刊文春の記事の場合、登録商標が、「道頓堀 くくる たこ家」という「ロゴタイプ」ですので、「くくる」という店名とは、類似しない可能性が十分あります。

 

代理人は、「芦田・木村国際特許事務所」と、法律部門を担っている「弁護士法人AK法律事務所」であり、通知書にはズラッと代理人名が並びますので、威圧感たっぷりの通知書になっていると思いますが、当職の経験上、ちゃんと反論ができれば、それっきり回答されない事務所のようです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

商標“浸透”で日本企業が悲鳴

11月 6th, 2019

 

https://vpoint.jp/world/asia/144693.html
(Viewpoint 2019年9月27日付記事より)

 

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、登録商標の「普通名称化」を懸念しているという内容の記事です。

 

どうして登録商標が「普通名称」として使われるようになると困るのかといいますと、「普通名称」ですので「商標権」が及ばなくなってしまうのです。

 

また、登録更新の際に、「登録取り消し」となってしまうくにもありますので、登録商標が「普通名称化」してしまうと、やっかいなわけです。

 

ちなみに、過去、「普通名称化」してしまった登録商標として、「うどんすき(登録第0553621号として存続)」、「正露丸(登録第0545984号として存続)」、「招福巻(登録第2033007号として存続)」、「エスカレーター」、「メカトロニクス」、「ホームシアター」、「ホッチキス」などがあります。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

バンダイが特製ガンダムフィギュア贈り感謝、上海警察に 商標侵害事件を摘発

10月 9th, 2019

 

https://www.afpbb.com/articles/-/3243992
(AFP BB NEWS 2019年9月11日付記事より)

 

バンダイナムコはこのほど、上海市公安局黄浦支局に対し、「ユニコーンガンダム」の金色の特製フィギュアと「法律執行・権利保護先鋒、知的財産権の護衛」と記載された中国語のプレートを贈呈し、感謝の意を表したそうです。

 

このことは非常に評判になっているようでして、「ガンダム」という人気アニメキャラクターだからできることかもしれませんが、とても良い感謝の意の表し方だと思います。

 

現場のモチベーションは上がりますよね?きっと。

 

そのモチベーションが、バンダイナムコにとってプラスに働くことでしょう。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

米歌手アリアナ・グランデが10億円の損害賠償を求めてフォーエバー21を提訴

10月 5th, 2019

 

https://www.huffingtonpost.jp/entry/ariana-grande-forever21_jp_5d6f1e9ee4b0cdfe05775c88
(The Huffington Post Japan 2019年9月4日付記事より)

 

米歌手アリアナ・グランデさんは、米ファストファッション大手でアメリカ・ロサンゼルス発のグローバルファッションブランド「フォーエバー21(FOREVER 21)」の広告に名前や作品を無断で使われたとして、損害賠償を求める訴訟を起こしました。

 

アリアナ・グランデさんの「そっくりモデル」まで登場しているようです。

 

「フォーエバー21」は経営破綻してしまっていますが、損害賠償に応じることができるのでしょうか?

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

京都市立芸術大学、京都造形芸術大学を提訴 「京都芸術大学」改称差し止め求め

10月 2nd, 2019

 

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1909/03/news069.html
(ねとらぼ 2019年9月3日付記事より)

 

学校法人瓜生山学園が運営する京都造形芸術大学が、2020年4月1日から大学名を「京都芸術大学」に変更すると発表しました。

 

ところが、京都には以前から、「京都市立芸術大学」が存在しており、京都市立芸術大学は「名称や略称が酷似しており、混乱を招く恐れがある」との声明を公表しました。

 

門川大作京都市長も、名称の再考を促すなど、物議を醸していました。

 

その後、学校法人瓜生山学園が「京都芸術大学」との名称について商標登録出願をし、京都市が、1日遅れで、「京都芸術大学」との名称について商標登録出願をするという事態に発展しました。

 

そして今般、京都市立芸術大学は、「大学運営上の混乱を回避するため」として、「京都芸術大学」の使用差し止めを求めて訴訟を提起しました。

 

京都市立芸術大学によりますと、「やむなく訴訟を起こした」とのことです。

 

さすがにこれは、やむを得ないように思うのですが、いかがでしょう?

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

ページトップへ