きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。

‘商標’

ガンズ・アンド・ローゼズ、バンド名もじったビールの醸造所を提訴

5月 18th, 2019

https://www.afpbb.com/articles/-/3224551

(AFPBB News 2019年5月11日付記事より)

 

米ロックバンド「ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N’ Roses)」が、「ガンズ・アンド・ローズ(Guns ‘N’ Rose)」という商品名をビールに付けて商標権を侵害したとして、コロラド州のビール醸造所「オスカー・ブルース醸造所(Oskar Blues Brewery)。」を相手取り、訴訟を提起しています。

 

あまりにもダイレクトですね。

 

でも、「ファンなんです。」では済まされません。

 

きらめき国際特許事務所
#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

【衝撃】パクリティラミス店「HEROS」が閉店 / 表参道店が撤去作業開始

4月 13th, 2019

https://getnews.jp/archives/2135949

(ガジェット通信 2019年3月23日付記事より)

 

シンガポール発のティラミス専門店である「ティラミスヒーロー」の名称を日本で商標登録し、「ティラミスヒーロー」の名称を独占したうえで、東京の表参道で「HEROS」(ティラミスヒーローズ)というティラミス店をオープンしていた「株式会社gram」でしたが、3月末にお店をたたんでいたようです。

 

残念ながら、「因果応報」の典型でしたね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

商標

くまモン新中国名「熊本熊」でも商標横取りか、海外進出で押さえておくべき“先願主義”

4月 10th, 2019

https://abematimes.com/posts/5916359

(AbemaTIMES 2019年2月27日付記事より)

 

「くまモン」の中国での名称は、「酷MA萌」でした。

 

これは、「KUMAMON」という「読み方(称呼)」を優先した当て字だったわけですが、全然浸透しませんでした。

 

一方で、ちまたでは、「熊本熊(ション ベン ション)」が徐々に使われるようになり、熊本県は慌ててこれに「便乗」し、中国での名称を「熊本熊」へ変更したのです。

 

初動が遅れた影響もあり、結構な「熊本熊」の登録がされています。

 

日本でも1件、ロゴではありますが、他者(外国企業)によって「熊本熊」の登録がされています。

いずれについても、無効審判請求をしているようですが、ちょっと遅すぎた感が否めませんね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

商標

中国のストリートウエア「MLGB」、ブランド名が社会秩序を乱すとして商標取り消し

4月 3rd, 2019

https://www.wwdjapan.com/822590

(WWD JAPAN 2019年3月6日付記事より)

 

中国の俳優リー・チェン(Li Chen)と台湾の歌手ウィルバー・パン(Wilber Pan)が設立したブランド「MLGB」の登録商標が、中国の知的財産権専門の裁判所である北京知識産権法院によって取り消されました。

 

その理由は、「『MLGB』は「中国語の卑語の略語」であるから、公序良俗違反である(社会秩序を乱す)」とのことです。

 

「中国語の卑語の略語」ということですが、どのような語の略語なのでしょうか?

 

以降、「卑語」が登場しますので、不快に思われる方はご遠慮ください。

 

 

 

 

 

  

 

 

その「卑語」とは、「妈剌个屄」です。中国語の方言でして、その意味は、「あなたのお母さんの生殖器」という意味です。

 

そして、その略語が「MLGB」であるということです。

 

ここで不思議なのは、「MLGB」といえば、「あなたのお母さんの生殖器」を想起させるくらい、中国において「MLGB」との語が「あなたのお母さんの生殖器」という「卑語」を意味する語として「日常」使用されているのかということです。

 

そうでなければ、公序良俗違反で商標登録が取消されたりしませんよね。

 

でも、審査官はこれに気付かずに登録を許可したわけですよね。

 

日本人には理解できない領域なのかもしれません。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

商標

Facebook、偽のアカウントやフォロワーを販売する企業を提訴

3月 30th, 2019

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/05/news054.html

(ねとらぼ 2019年3月5日付記事より)

 

Facebookの場合、3つの「なりすましアカウント」を同一人に対して「友達承認」させることにより、アカウントを乗っ取ることができます。

https://japan.norton.com/facebook-hacking-8823

 

ですので、こういう企業や輩が現れるわけです。

 

くれぐれも、むやみに「友達承認」することは控えましょう。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

商標

キリン/「氷結」ダイヤカット缶を立体商標に登録

3月 27th, 2019

https://www.ryutsuu.biz/commodity/l022750.html

(流通ニュース 2019年2月27日付記事より)

 

キリンの「氷結」シリーズで使用されている「ダイヤカット缶」の「立体商標」が登録されました。

 

「立体商標」としての登録は、ハードルが高いです。

 

これだけ知られてこないと、なかなか登録されないのが現状です。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

商標

大仁田厚が『電流爆破』を商標登録出願し「プロレス界の筋を通せば損害賠償は請求しない」と…

3月 6th, 2019

大仁田厚が『電流爆破』を商標登録出願し「プロレス界の筋を通せば損害賠償は請求しない」とデスマッチ界に警告!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00010000-battlen-fight

(YAHOO! JAPAN ニュース 2019年2月12日付記事より)

 

確かに、商標「電流爆破」は商標登録出願がされています。商願2019-001556号です。

 

大仁田氏は、「使ったからと言って訴えるという行為に走ることはありませんが、一応、筋を通して、プロレス界の筋を通してご一報願えれば。『使用しますよ』とか『電流爆破を使いますよ』とか。」とのこと。

 

しかしながら、指定役務「プロレスリングの興行の企画・運営又は開催,その他の格闘技の興行の企画・運営又は開催」について、商標「電流爆破」は、もはや「普通に用いられるにすぎない商標」として拒絶されてもおかしくはないと思うのですが。

 

審査官はどのような判断をするでしょうね?

 

また、これら役務について「登録査定」された場合、どなたか「登録異議の申し立て」をしないでしょうかね?何人も可能なのですが。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

商標

三浦翔平起用のティラミス専門店「HERO’S」を巡り物議 人気店「ティラミスヒーロー」とコンセプトが酷似?

2月 9th, 2019

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1901/21/news112.html

(ねとらぼ 2019年1月21日付記事より)

 

シンガポールで生まれたティラミス専門の人気店「ティラミスヒーロー」が日本へ店舗展開をしようとしたところ、日本国内のティラミス専門店「HERO’s」が商標「ティラミスヒーロー」について登録を受けていた問題です。

 

その後、本家「ティラミスヒーロー」の著作権問題が浮上しているようですが、それはさておき、ティラミス専門店「HERO’s」による商標「ティラミスヒーロー」の登録は、その後、ティラミス専門店「HERO’s」が「使用許諾を行う」と発表していることからも、本家「ティラミスヒーロー」に対する「フリーライド(信用のタダ乗り)」だったといえるでしょう。

 

商標法では、「他人の業務に係る商品又は役務を表示するものとして日本国内又は外国における需要者の間に広く認識されている商標と同一又は類似の商標であって、不正の目的(不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的その他の不正の目的をいう。以下同じ。)をもって使用をするものについては、商標登録を受けることができない。」との規定があります(第4条第1項第19号)

 

登録無効審判請求をすれば、登録無効になる可能性が高いように見受けるのですが、あまりそういう議論はされていないようですね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

商標

「これはアフリカ人に対する攻撃だ」ディズニー「ハクナ・マタタ」の商標登録に「取り消して!」の声

1月 19th, 2019

https://courrier.jp/news/archives/148810/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

(COURRiER JAPAN 2019年1月7日付記事より)

 

「ハクナ・マタタ」とは、スワヒリ語で「心配ない」という意味の言葉なのだそうです。

 

仮に「ハクナ・マタタ」がディズニーが商標登録を受けたとしても、「心配ない」の意味で普通に「ハクナ・マタタ」と使用する行為は、商標権侵害には該当しません。

 

でも、使用態様によっては商標権侵害に該当しかねませんから、アフリカ人に対する攻撃か否かはともかくとして、気持ちが悪いことには変わりがないでしょうね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許

#北海道商標

#北海道意匠

#北海道実用新案

#北海道弁理士

#北海道特許事務所

#札幌特許

#札幌商標

#札幌意匠 #札幌実用新案 #札幌弁理士 #札幌特許事務所

#札幌意匠

#札幌実用新案

#札幌弁理士

#札幌特許事務所

商標

あのミッキーマウスが2024年にパブリックドメインの一部になるかもしれない

1月 19th, 2019

https://gigazine.net/news/20190104-mickey-mouse-public-domain/
(Gigazine 2019年1月4日付記事より)

著作権の保護期間満了が近づいた有名著作物については、必ずといっていいほど、このような記事が出るのですが、残念ながら、Disneyが必ず何らかの手を打ちます。

これまでもそうだったからです。

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

商標

ページトップへ