きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。

‘特許・実用新案’

セグウェイ生産終了、「マック」以来最も騒がれた発明に幕

7月 29th, 2020

 
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00079/00063/
(日経 XTREND 2020年7月8日付記事より)

 

世紀の大発明、夢の乗り物とうたわれた「セグウェイ」の生産が、今月の15日で打ち切られました。

 

販売から20年も経たずということですから、おそらくは、特許切れとの関係があったのではないかと思います(特許の存続期間は、出願の日から20年)。特許が切れてしまうと、独占を保つことが難しくなると考えられるからです。

 

結局、私は一度も乗る機会を得られませんでした。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

新型iPhoneの“折りたたみ式”裏付ける特許をAppleが取得–海外メディアは開発を確実視

7月 8th, 2020

 

https://realsound.jp/tech/2020/06/post-572681.html
(Real Sound 2020年6月22日付記事より)

 

Apple社が、ヒンジ式とは異なる折りたたみ式ディスプレイに関する新たな特許を米国で取得しました。

 

これにより、Appleの研究開発チームが、将来のデュアルディスプレイや、折りたたみ式ディスプレイのiPhone・iPad開発に取り組んでいることが確実視されるそうです。

 

個人的には、折りたためて欲しいです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

1枚10億円のカードも、偽物根絶を目指すネットのトレカ市場

7月 1st, 2020

 

https://diamond.jp/articles/-/239808
(VOGUE 2020年6月10日付記事より)

 

トレーディングカード(トレカ)の真贋鑑定をセットで提供する、トレカに特化したフリーマーケット(フリマ)のアプリが登場したそうです。

 

それはとても良いサービスだと思いますが、むしろ私は「トレカの国内市場が1,000億円規模」ということにヒットしてしまいました。

 

トレカって、そんなに需要があるんですね。。。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

離れた相手と一緒に自撮り、アップルが集合写真の特許取得

6月 27th, 2020

 

https://www.cnn.co.jp/tech/35155007.html
(CNN 2020年6月9日付記事より)

 

新型コロナウイルス対策として「ソーシャルディスタンス」を保つことが求められる中で、Appleが「ソーシャルディスタンスを保ったまま集団自撮りが可能になるソフトウェア」の特許を、米国にて取得したとのことです。

 

すなわち、「離れた相手と一緒に自撮りが可能となるソフトウェア」ということです。

 

実用的で分かりやすい発明だと思います。iPhoneに搭載される日は遠くないのではないでしょうか?

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

連帯かビジネスか COVID-19治療薬をめぐるスイスのジレンマ

6月 13th, 2020

 

https://www.swissinfo.ch/jpn/%E7%89%B9%E8%A8%B1%E6%A8%A9%E3%81%AE%E4%BF%9D%E8%AD%B7-covid-19-%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9/45791924
(swissinfo 2020年5月29日付記事より)

 

COVID-19(新型コロナウイルス)の治療薬の開発については、各国の異業種メーカーが続々と、創薬に関係しそうな特許を開放しており、協力関係が構築されつつあります。

 

ですが、その創薬(COVID-19の治療薬の開発)を実際に担っているのは、「ファイザー」や「ギリアド・サイエンシズ」といった、「米国」の製薬会社だといわれています。

 

「スイス」には、「エフ・ホフマン・ラ・ロシュ(売上高世界第1位)」と「ノバルティス(売上高世界第3位)」という、メガファーマが存在します。この2社はいずれも、スイス第3の都市「バーゼル」にあり、ライン川を挟んで対岸に位置しています。

 

このようなメガファーマを抱えた「スイス」は、おいそれと「前例のないコラボレーション」に加わることができず、躊躇しているというわけです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

さらば「キャス9」 日本独自のゲノム編集技術「キャス3」とは何か

6月 10th, 2020

 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72567
(講談社ブルーバックス 2020年5月28日付記事より)

 

「遺伝子組み換え」とはすでに過去の技術でして、今は「遺伝子編集(ゲノム編集)」です。

 

ゲノム編集の有名なツールとして、米国で開発された「CRISPR-Cas9(クリスパー・キャスナイン)」がありますが、当初、ゲノム編集を行うには、CRISPR-Cas「9」を使うしかないのではないかと考えられており、高額になろうと容易に推測される「特許料」が懸念されていました。

 

そんな中、東京大学・真下知士教授らのグループが新たに開発された「CRISPR-Cas3」は、ノーベル賞ものといわれたCRISPR-Cas「9」をしのぐゲノム編集ツールです。

 

記事では、真下知士教授が、CRISPR-Cas「3」について、とてもわかりやすく解説されています。

 

CRISPR-Cas「3」に、大いに期待しましょう。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

マンチェスター・ユナイテッドがセガを提訴。サッカーゲームで商標権を侵害しているとして

6月 6th, 2020

 

https://automaton-media.com/articles/newsjp/20200525-125190/
(AUTOMATION 2020年5月25日付記事より)

 

イングランド・プレミアリーグの名門サッカークラブであるマンチェスター・ユナイテッドが、同クラブ名やエンブレム等の不当な使用によって商標権を侵害しているとして、人気サッカーシミュレーションゲーム 『Football Manager(フットボール マネーシャー)』シリーズの発売元である「セガ(SEGA)」および同会社のデベロッパーである「Sports Interactive(SI:スポーツ インタラクティブ)」を提訴しました。

 

「商標権の侵害」となっていますが、記事を読む限りでは、それはきっかけのひとつであり、もともと、マンチェスター・ユナイテッド側からの「商標権などのライセンス」と、これにに対するセガ側からの「データの供与」など、事前に取り決めていなかったこと自体が問題なのだと思います。

 

新型コロナ感染症拡大により、興行を自粛せざるを得なかったプロスポーツ界の収入が激減している一方で、逆に、ゲーム業界は収入が増大していますので、それもこの訴訟の背景にあったのではないかと見受けられます。

 

eスポーツのが振興していることなどを鑑みますと、このタイミングでちゃんと取り決めをしておくことは、双方にとって悪くないのではないかと見受けます。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

特許庁が特許文献検索システムに関する特許権を取得しました

5月 16th, 2020

 

https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200511001/20200511001.html
(経済産業省 2020年5月11日付記事より)

 

特許庁は、「アドパス(ADPAS)」と称する、特許文献検索システムやそのための管理システムを開発し、これに関する技術について特許権を取得したとのことです。

 

また、商標「アドパス」及び「ADPAS」について、商標登録も受ける予定のようです。

 

てっきり、特許庁の方で出願書類を作成しているのだとばかり思い、J-PlatPatで確認してみましたら、特許事務所へアウトソーシングされていました。つまり、企業等がされるのと同じように、特許事務所へ普通に依頼していました。

 

特許庁で出願書類を作成して、特許庁で審査するというのは、マズイことなのでしょうか?

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

サノフィ プラルエントの販売停止 PCSK9抗体の特許訴訟 上告を最高裁が不受理

5月 13th, 2020

 

https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=69233
(ミクスOnline 2020年5月8日付記事より)

 

最近は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症、武漢風邪)関連の記事を中心として取り上げておりましたが、製薬業界で大変影響が大きいと思われる判決が確定しましたので、今回はこの記事を取り上げます。

 

本件は、アムジェンが保有する「プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質」に関する特許(第5705288号)に対する無効審判請求不成立審決(無効2016-800004号)を不服として、サノフィが審決取消訴訟を提起し、知的財産高等裁判所においてアムジェンが勝訴し、サノフィが上告していた案件です。

 

この特許に係る発明は、構造が特定されていない抗体であり、いわゆるリーチスルー特許と呼ばれるものです。

 

抗体について、このような構造が特定されていないリーチスルー特許が成立することは極めて珍しく、確かに明細書にはそれなりの実施例が掲載されてはいますが、今後の抗体医薬に関する特許戦略を検討し直す必要が生じかねない案件だと思います。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

自動車メーカーやサプライヤー、コロナに関する知的財産を公開 自動車の技術を医療へ生かす

5月 9th, 2020

 

https://www.netdenjd.com/articles/-/232070
(日刊自動車新聞 2020年5月4日付記事より)

 

京都大学大学院医学研究科附属ゲノム医学センター長の松田文彦教授が企業へ呼びかけされ、自動車メーカーやサプライヤーがこれに賛同する形で、新型コロナウイルスの感染防止に向けて知的財産を無償公開することになりました。

 

トヨタ自動車や日産自動車、ホンダ、いすゞ自動車といった自動車メーカーに加え、椿本チエインや堀場製作所なども参画とのことです。

 

日本版の「Open COVID Pledge」ですね。日本の智の結集です。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

智の結集, 特許・実用新案

ページトップへ