きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。

‘特許・実用新案’

「宿泊者がサイコパスかどうか」を予約前にチェックする仕組みを民泊サイトのAirbnbが開発

2月 15th, 2020

 

https://gigazine.net/news/20200108-airbnb-ai-psychopath/
(GIGAZINE 2020年1月8日付記事より)

 

旅行予約サイトのAirbnbが、ユーザーの「信頼性と適合性」及び「行動と性格特性」をインターネットの活動から予測するソフトウェアに関する特許出願を行っていたとのことです。

 

その手段方法ですが、ソーシャルメディアをはじめとしたウェブサイトをスキャンし、信用情報やアイデンティティチェックなどの「セキュアなサードパーティーによるデータベース」から、ユーザーの良心・オープンさを確認して、神経症・犯罪履歴・ナルシズム・マキャヴェリズム・サイコパシーといった「信頼できない」とされる傾向がないかを確認するというものだそうです。

 

また、偽のソーシャルネットワークのプロフィールを発見すると、評価が下がるそうです。

 

旅行へ行くにも、気軽に書き込みやつぶやきができなくなってきている模様です。。。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

AIを発明者とする特許出願、欧州特許庁が認めず

2月 12th, 2020

 

https://japan.cnet.com/article/35147613/
(CNET JAPAN 2020年1月6日付記事より)

 

欧州特許庁(EPO)は、人工知能(AI)を発明者とする2件の特許出願を却下したそうです。

 

欧州特許条約によれば、「欧州特許を受ける権利は、発明者またはその権利承継人に属する。(条約第60条)」とされています。

 

もし、本当に「却下」であれば、それら特許出願が「形式的要件」を満たしていないことを意味しますので、欧州特許条約第60条にいう「発明者」は、日本と同様、「自然人」あり得ないと解釈されていることになるでしょう。

 

まあ、そもそも、「人工知能(AI)」=「者」と捉えることができるとするのは、不自然ですよね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

Tesla(テスラ)社が、ワイパーに代わるレーザービームの特許を申請中

1月 29th, 2020

 

https://techable.jp/archives/114211
(TECHABLE 2019年12月23日付記事より)

 

TESLA(テスラ)社が、ワイパーの代わりにレーザービームを用いて、自動車のフロントガラスにこびりついた泥や塵の固まりを除去するという技術を開発し、特許出願をしたとのことです。

 

でも、それですと、ワイパーに代えるのは難しいですよね。ワイパーと併用でしょう。

 

レーザービームでは、とても豪雨には耐えられないのではないかと思料します。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

未来のSiriはヒトの顔色をうかがう? アップルが特許申請

12月 21st, 2019

 

https://japanese.engadget.com/2019/11/15/siri/
(REUTERS 2019年11月16日付記事より)

 

アップル社は、ソフトウェアが人の感情を読み取って対応に役立てるという内容の特許を出願しているそうです。

 

この技術の開発が進めば、Siriに顔分析機能が追加され、ユーザーの気分に応じて反応を変えるようになる可能性があるとのことです。

 

つまり、Siriがヒトの顔色をうかがうようになるかもしれないとのことです。

 

Siriはすごいですね。

 

先日、お客様とお打ち合わせをしているときに、閉じたままのiPhoneから、「私は聞いていますよ。」とのSiriの声が聞こえてきました。

 

お客様は凍っていらっしゃいました。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

中国籍の元研究員、フィリップス66の企業秘密盗んだと認める

12月 18th, 2019

 

https://jp.reuters.com/article/usa-china-theft-idJPKBN1XN0KR
(REUTERS 2019年11月13日付記事より)

 

36歳の中国籍の男性が、次世代のバッテリー技術の研究・開発に携わる研究員として働いていた米独立系製油会社フィリップス66から企業秘密を盗んだという事件です。

 

事件自体はもう慣れっこで、驚かれない方も多いと思います。

 

ですが、量刑について、「2年以下の禁固刑」及び「フィリップス66に対して15万ドルの賠償金を支払うことが妥当」とのこと。

 

逆に、中国において、外国籍の駐在員が中国企業から企業秘密を盗んだという場合、こんな量刑で済みますかね?

 

考えない方が健康のために良いかもしれません。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

その他, 特許・実用新案

パナソニック、富士通、三菱電機の3社、特許調査業務の効率化を実現するAI検索機能を共同開発

12月 11th, 2019

 

https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1216220.html
(クラウドWatch 2019年11月1日付記事より)

 

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社(以下、パナソニック)、富士通株式会社、三菱電機株式会社の3社は、AIを活用した高精度な検索結果を抽出する新しい機能を共同で開発したと発表しました。

 

個人的には大歓迎です。

 

第一に、特許先行調査システムとして、特許庁のJ-PlatPat(富士通)とNRI野村総研のシステムくらいしかなかったからです。

 

第二に、これが重要ですが、「思いついた文章を入力するだけでOK」とのことだからです。

 

今ある知的財産関連の検索システムは、それがAIを利用したものでも、結局は、「入力する者のスキル」で検索結果が左右されます。

 

特許先行調査に関するシステムは、いわずもがなですが、商標先行調査に関するシステムも同じです。

 

例えば、「Toreru商標検索」は、すごく良くできたシステムだと思っていますが、それでも、「これこれこういうビジネスをするためにこういう商標を登録したい」などといった文章を入力して検索するシステムではありませんから、現状はまだまだ、入力側に委ねられるところが大きいと思っています。

 

とはいえ、いよいよ、「入力側に委ねられない」時代、「AIがコンサルする」時代がやってきそうです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

「パクリ商品でーすっ」人気電子楽器「オタマトーン」の模倣品がAmazonで販売・・・

11月 30th, 2019

 

「パクリ商品でーすっ」人気電子楽器「オタマトーン」の模倣品がAmazonで販売
→ 明和電機社長自ら「ばっちりコピーできてます」とのレビュー投稿
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1910/20/news022.html
(ねとらぼ 2019年10月20日付記事より)

 

明和電機が製造販売する音符型の人気電子楽器「オタマトーン」のパクリ商品が、Amazon.co.jpで販売されていました。

 

パクリ商品の名称は、「hamulekfae-かわいいオタマトーンメロディー音符形子子供趣味練習子楽器玩具」です。中国製丸出しですね。

 

このパクリ商品がAmazon.co.jpで販売されていることを発見した、明和電機の土佐信道社長の“振る舞い”が話題になったわけですが、パクリ商品を販売した中国企業との「格の差」を感じてしまいます。

 

できる企業の社長は違いますね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

ユニクロを特許侵害で訴えた下請け社長語る「ゼロ円でライセンスを要求された」

11月 13th, 2019

 

https://diamond.jp/articles/-/217080
(DIAMOND omline 2019年10月9日付記事より)

 

ユニクロを運営するファーストリテイリング社のセルフレジが、自社の特許(特許第6469758号)を侵害するとして、アスタリスク社が東京地裁へ差止の仮処分申請をしています。

 

一方、ファーストリテイリング社は、この特許が無効であるとして、特許庁へ無効審判請求をしていますが、ファーストリテイリング社の他にも、特許異議申立と特許無効審判請求がされています。

 

といいますのは、この特許、いたってシンプルであるため、抵触しやすいからです。請求項1の記載を見てみましょう。

【請求項1】
物品に付されたRFタグから情報を読み取る据置式の読取装置であって、
前記RFタグと交信するための電波を放射するアンテナと、
前記アンテナを収容し、前記物品を囲み、該物品よりも広い開口が上向きに形成されたシールド部と、
を備え、
前記シールド部が上向きに開口した状態で、前記RFタグから情報を読み取ることを特徴とする読取装置。

 

平たくいいますと、商品が入った買い物かごを、その買い物かごがスッポリ入るようなくぼみにスッポリ入れてカウントするようなレジのほとんどすべてが対象になるということです。

 

ファーストリテイリング社は、この特許を潰せると判断したのでしょう。ですので、アスタリスク社によるライセンス交渉に乗ってこなかったわけです。

 

でも、シンプルな特許ほど強いといえます。果たしてファーストリテイリング社はこの特許を潰すことができるでしょうか?

 

この特許を書いた先生は、弁理士としてとても良い仕事をされていると思います。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

アップルが第3の生体認証を開発中

10月 19th, 2019

 

https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/433/433986/
(週刊アスキー 2019年9月17日付記事より)

 

指紋認証の「Touch ID」や顔認証の「Face ID」といった生体認証システムを先がけてきた、アップル社ですが、新たに「手のひらで認証」システムの特許を出願したようです。

 

そのしくみですが、まず赤外線が手のひらに放射され、その反射光をフォトダイオード層が受信した結果から静脈パターンを認識し、さらに手のひらの皺のデータも可視光で同時にスキャンされ、静脈パターン認識の精度を高める補助をする方式のようです。

 

従来の指紋認証や顔認証と比較して、セキュリティーが高くなるのはいいですが、顔認証でさえも認証してくれないときが結構あります。

 

ちゃんと認識してくれればいいのですが。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

猫まっしぐら。キーボード型の猫用ヒーター、特許出願される

10月 16th, 2019

 

https://www.gizmodo.jp/2019/09/keyboard-hearter-for-cats.html
(GIZMODO 2019年9月16日付記事より)

 

「暖かくなる猫用キーボード型ベッド」について、米国で特許出願がされているようです。

 

キーボードの上は、猫の好きな場所なんでしょうか?

 

残念ながら、猫を飼ったことがないので分かりません。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

特許・実用新案

ページトップへ