きらめき国際特許事務所|特許|実用新案|意匠|商標|外国出願|著作権|ノウハウ|開発|ブランディング|無料相談|契約

アイディアは宝物 特許・実用新案・意匠・商標の登録など、知的財産権の保護のことなら「きらめき」へご相談下さい。

‘品種登録’

「あまおう」ならぬ「おまうあ」 香港で売られる偽の「日本産」果物

8月 10th, 2019

 

https://mainichi.jp/articles/20190716/mog/00m/030/005000c
(毎日新聞 2019年7月16日付記事より)

 

香港では、山梨産の大ぶりのモモが2個で159香港ドル(約2200円)、青森産の王林が2個で70香港ドル(約940円)とのことで、さすが日本産の果物です。

そんな中、香港でも、「千疋」ブランドの中国産メロンや、福岡県八女市の農協「JAふくおか八女」ならぬ「JAかおふく八女」の中国産イチゴ「おまうあ」などが平然と販売されています。

でも、日本産のイチゴと交配させてできたイチゴを「自国産」として積極的に販売をしているお隣の国と比べると、つい、まだマシな気がしてしまうのは、私だけでしょうか。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

品種登録, 商標

青森県開発品種リンゴ「千雪」の苗木、無許可販売

7月 24th, 2019

 

中国ネット通販で 兼、対抗措置を検討
https://www.daily-tohoku.news/archives/18502
(デーリー東北 2019年7月3日付記事より)

 

青森県が開発したリンゴ品種「千雪(ちゆき)」の名称を語った苗木が、許可なく中国の通販サイトで販売されていたという事件です。

いわゆる「合法パクリ」と異なるのは、「千雪」が中国で品種登録されているという点です。

早急に販売停止に持ち込めることができればいいですね。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

品種登録

白いトウキビ、タイでも生産 「北海道」冠する模倣品拡大

7月 13th, 2019

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/315747
(北海道新聞 2019年6月16日付記事より)

 

農産物の新品種について、日本の開発力は凄まじいものがあるといえます。

しかもそれは、遺伝子組み換えではなく、交配(交雑)によるものですから、何ら健康不安を招くものではありません。

でも、せっかく努力して作り上げた新品種を「守り切れていない」のが、残念ながらこの国の現状なのです。

※本件の生々しい現状は、下記URLのウェブサイトで見ることができます。
https://www.thaich.net/news/20190616sq.htm

 

きらめき国際特許事務所
#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

品種登録

日本の農水省、植物新品種の知財審査で協力

10月 27th, 2018

https://www.nna.jp/news/show/1819213

NNA ASIA 2018年10月3日付記事より)

 

農林水産省は、シンガポールの審査当局に出願されている植物の新品種の審査について、日本での品種登録審査結果を無償で提供します。

 

10月24日(水)に農林水産省の藤田種苗室長と食事をしながらお話をさせて頂きましたが、日本の農産品についての外国での品種登録がほとんど進んでおらず、その結果、日本の農産品品種の流出がかなりの規模で進んでいるということです。

 

これは、昨今問題になっている韓国や中国、東南アジア諸国においてのことだけではありません。

 

例えば、その形がユニークな柑橘類の品種である「デコポン」は、米国で栽培され、「SUMO」というブランドで、高値で取引されているという実態だってあるのです。

 

きらめき国際特許事務所

#北海道特許
#北海道商標
#北海道意匠
#北海道実用新案
#北海道弁理士
#北海道特許事務所
#札幌特許
#札幌商標
#札幌意匠
#札幌実用新案
#札幌弁理士
#札幌特許事務所

品種登録

ページトップへ